またまた・・・
2014 / 11 / 24 ( Mon )
今日も買い物でっす(苦笑)

先日、無事16歳の誕生日を迎えたもえもえ。
こちらの誕生日プレゼントの方もまだ済んでいなかったモノで、リクエストにお応えしてヘアアイロンを買いに行ってきました。

そして、寒くてどうもこたつから出たがらない季節がやっていて、もえもえも自室での勉強をせずに和室にいつまでも居座るようになってきました。
旦那に「部屋で勉強しろ~」と注意されるコトも多くなり、そのやり取りを聞いているたけでウザったい(爆)
部屋に行ったら行ったで、ガンガンとエアコンかけまくり、毎冬、電気代もバカにならない~~ ( ̄~ ̄;)ウーン

・・・ってコトで、今年はちょっと考えて・・・
なんと、もえもえの部屋にこたつを新調しました(笑)

P1090422.jpg



 ↑ たぶん、コチラと同じ商品を購入~♪

ココで、姫様ズ2人で勉強してもらえば、双方の部屋でエアコン使いまくりされることがなくなり、今年の冬は少しは節電できる・・・という予想なのですが。。。
さて、結果はいかに?? (* ̄m ̄) ププッ
スポンサーサイト

テーマ:▼どうでもいい話 - ジャンル:日記

23 : 11 : 47 | ◎ 日々の戯言 ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
買い物三昧
2014 / 11 / 23 ( Sun )
もえもえの誕生日が過ぎたばかりなんだケド、昨日はかなっぺが久々に部活が休みというコトで、前々から一緒に買い物に行く約束をしていました。
誕生日のプレゼントなんだケド、リクエストがあり、洋服と新しいポケモンのゲームソフトっていうコトで。。。
ゲームの方は、早々にネットで予約済、そして洋服だけは本人がいないと買えないから、タイミングを待っていました。
いよいよ昨日、ショッピングモールまで出向き、買い物三昧してきました~ ヽ(≧▽≦)ノ
もえもえも着いてきて、ニット帽と安いキュロットスカートを購入。
なっぽは・・・
今回もな~んにも買わずじまい(涙)
姫様ズの買い物時間が長すぎて、自分まで手が回らない・・・ってのもあるケド。。。
まぁ、散財しない分、いいんでしょうが。。。 フゥ(o´Å`)=з


 ↑ かなっぺご所望のゲームソフトなり~~(苦笑) 「ポケットモンスター オメガルビー」

帰りに図書館に寄ってきました。
今回借りてきた本は・・・

まずは、もえもえ♪

 ↑ 「貴族と奴隷」

かなっぺです♪

 ↑ 「悪ガキ7 モンスター・デスマッチ」

そしてそして、久々になっぽも。。。
予約本がゲットできました~~ \(^▽^)/

 ↑ 「ねじまき片想い」  久々に柚木麻子さんの本です♪ とても不思議感のある1冊でした。 片想い中の彼のため、彼にふりかかる問題をぜーんぶ引き受け、解決しちゃうおもちゃプランナー・宝子のおハナシ。 彼のため・・・とひたすら動く彼女のひたむきさ、そのパワーが新しいヒットおもちゃの開発に役立っちゃうンだケド、トニカク・・・パワフルな宝子とダメ男・西島の二人、あまり応援したくないよーな。。。(苦笑) なっぽ的には、西島タイプの男は、大嫌いなタイプなモノで~~。。。 そして、最後の最後に宝子の行きついた結論、なっぽはミョーにナットクだったかもぉ~ (゜゜)(。。)ウンウン あれだけ夢中だった西島だったのに・・・女心って、フクザツですよねぇ~~ ( ̄~ ̄;)ウーン

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

23 : 05 : 03 | ◎ 日々の戯言 ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
おすそ分け♪
2014 / 11 / 22 ( Sat )
いつも通っているサーキットトレーニング
昨日のトレーニング帰り、トレーナーのお姉さんから「お花、好きですか?」って声をかけられた。
枯らすのは得意だよ(苦笑)」と答えたなっぽ。
聞くところによると、他の会員さんから切り花をイッパイいただいたそうな。
ココでは飾らないの?」と聞くと、一方向を指さすお姉さん。
ソチラには、花瓶に入ったお花が飾られていました。
どうも花瓶がそれ以外なく、もう飾りようがない様子。
よかったら2・3本、持って行って下さいよ~」とのコトだったので、お言葉に甘えて上の方に置いてあった取りやすいモノから2本、お花をいただいてきました。

・・・で、飾ってみました~ (*^^*)
PB250390.jpg


いつもより、お花のおかげで室内が明るいカンジがするよーな。。。 (* ̄m ̄) ププッ
お花があるだけで、気分もガラッと変わりますね~~♪
何気なく声をかけていただき、おすそ分けしていただいたお花。
なんか、うれしいおみやげになりました (*^^*)

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

20 : 31 : 38 | ◎ 日々の戯言 ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
祝・16歳!
2014 / 11 / 21 ( Fri )
昨日・11月20日でもえもえ 祝・16歳!になりました~~ ヽ(≧▽≦)ノ
16年、長かったよーな、あっという間だったよーな。。。
でもきっと、 普通の母子のような濃密な時間、もえもえとは過ごせていなかったンだろうなぁ~ とも思ったり。。。
なんだかんだとなっぽ、仕事や自分の趣味に時間、かなり費やしてきてたモンねぇ~~(苦笑)
あまり親らしいコトしてこなかったケド、それでももえもえ、無事に育ってくれました。
もう、それだけでありがたいコトなんですよね~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん

昨日は平日のため家でフツーに食事し、後日、改めてもえもえのリクエストの好きなモノをみんなで食べに行こうというコトにになっています (*^^*)
プレゼントは、少し前にもえもえと買い物に行って、洋服をたんまりと買わされました(苦笑)
実は、その時にクリスマスの分というコトでブーツまで買わされているので、当面、もえもえのための買い物はする必要はありません~ (* ̄m ̄) ププッ
・・・ってコトで、あとは食事会の日程のみ気にしていればいいワケです★
みんなの都合を検討し、日程を詰めたいと思っています。
なっぽもおいしいモノ食べるの、楽しみだしねぇ~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん

もえもえ、お誕生日おめでとう!
まだまだ人生、始まったばかりです。
これから・・・いろんなことがあり、山あり谷ありだと思うケド。。。
自分の信念のまま、進んで行ってもらいたいモノです。
いいことがいっぱいありますように。。。
でもそれもきっと、あなたのこれからの心がけ次第ですよ! (^_-)-☆バチッ
もえもえのこれからの成長、楽しみに、そして期待していますよ!

テーマ:成長の記録 - ジャンル:育児

23 : 01 : 39 | ◎ 爆裂!姫様ズ ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
当たった!!
2014 / 11 / 20 ( Thu )
ィやったぁ~~っ!! \(^▽^)/

少し前にファンクラブの会報で告知があった、なっぽ・ご執心のイナガキこと稲垣潤一さんのプレミアムライヴのチケット、当たりましたぁ~~!! ヽ(≧▽≦)ノ
見事、当選だよぉ~♪

仙台のライヴハウスでハコバン時代を送っていたイナガキがそこでスカウトされたのがメジャーデビューするきっかけとなった・・・というのは、もうファンには当たり前のように知りつくされているおハナシなんだケド、そのハコバン時代を彷彿とさせるよーな再現ライヴを7月の終わりに開催したンです。
当然ながら、チケットは争奪戦状態でして~~。。。
なっぽも 執念の3時間電話かけまくり~ で辛うじてチケットをゲットでき、ライヴに参戦できたワケなんですが、その第二弾なるライヴを来年の2月に開催するコトが決定し、またまたコチラが抽選という恐ろしく運を試されるよーな選抜方法でのチケット購入を余儀なくされ、ことごとく運に見放されているなっぽ、半分諦めムードながらも応募の往復はがきを送ったのですが。。。
その返信はがきが昨日、到着してました~~ w(@@)w
ンで結果、見事当選ですよぉ~~ (;_;)
ヤッタぁ~、またハコバンライヴに行ける~~っ!! \( 〇 ⌒   ▽   ⌒ 〇 )/わぁい♪

思えば・・・
なんだか最近、イロイロと当たりづいているカンジがします。
検診の再検査とかさぁ~(苦笑)
どーせなら、精密検査なんていう稀なモノに当たるンじゃなく、こーいったウレシイ当選がガンガン続けばいいんだけどねぇ~~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
なかなかそう、思い通りにはいかない・・・ってコトですかね。
ま、まずはどーにか検診をクリアして、2月に元気にライヴに参戦できるよーにしなければ。。。
でないと・・・せっかく当選したのに・・・
泣くに泣けなくなるぢゃんねぇ~~ "(-""-)"

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

22 : 59 : 12 | ◎ 日々の戯言 ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
うれしい発見
2014 / 11 / 19 ( Wed )
先日、実家へ話し合いに出向いたトキ、ホントは持って行こうと思っていた作り置きのおかずを慌てていたモンでうっかり忘れて行ってしまったなっぽ (^^;
せっかく作ったのだから・・・ と、この間、もえもえの学園祭&映画を観に行った日に近くの宅急便のお店から実家に送りました。
ホントは父に、 思いっきり迷惑がられるんだろうなぁ~ とは思ったのですが。。。(苦笑)

それが届いたのでしょうね~。
実は・・・実はっっ!
昨日の夜、母から電話がありましたぁ~~!! ヽ(≧▽≦)ノ
母の病気が発覚してから、本人から電話をかけてくれるコトなんて、すっかりなくなってしまいました。
もう自分からは電話をかけられないのではないか? と思い、母に直接、聞いてみたのですが「かけられるよ」との返答。
単に、電話をするのが面倒というか、電話で人と話をするのがわずらわしいらしいのです。
そうは言っていてもホントのトコロ、 もう自分からかけるのは、難しいのかもな・・・ と思っていました。
それが・・・
ヤッパ、自分で電話、かけるコトができたのねぇ~~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
なんか・・・すっごくうれしかった!
恐らく、なっぽが送った宅急便の送り状を見て電話してくれたンだろうねぇ~。
自分で電話番号を調べてかけるのは難しいのカモしれないケド、今回のように手近に番号が書いてあるモノがあれば、まだまだ母は自分の力で電話をかけるコトも可能だというコトがわかりました。
なっぽ的には、かなりうれしい発見でした (*^^*)

またこんな風に、何かを送ったりしたら、母から電話をかけてくれることがあるのかなぁ~??
またかけてきてくれないかな??
元気な頃だったら、ついつい忙しい夜に大した用事もなく電話をしてくる母に迷惑っぽい声を出したことも何度もあったなっぽ σ(^-^)
今は・・・どんなに忙しかろうとも、素直に母に <b>電話、ありがとうね~ って、伝えられます。
ホントはいつも、そういう風に接しているべきだったのに。。。
つい少し前までは当たり前であったコトが、今はとても愛おしい・・・
そしてありがたいコトに変わっています。
一つ一つ、母とのつながりを大切にしたいと思います。
週一で、電話で連絡を取り合っていますが、やはり自分からかける電話と、かけてもらう電話とではありがたみがぜーんぜん違うみたいです。

またいつかの偶然の電話、楽しみに待っていますね、ママ♪

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

23 : 04 : 15 | ◎ 日々の戯言 ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「ペコロスの母に会いに行く」
2014 / 11 / 17 ( Mon )
なんだか慌ただしいドタバタと出ずっぱりの週末ですが・・・(苦笑)
昨日は午前中、もえもえの通う高校の学園祭があり、チアリーディング愛好会なるモノに所属するもえもえがステージで踊ったり、掛け持ち所属の写真部として写真展示があるというので、フラリと様子を覗きに行ってきました (*^^*)
比較的、温かなお天気だったので、野外のステージでのもえもえの出演の約1時間も、そんなに苦ではなく様子を観覧するコトができたし、教室内に所狭しと飾られた展示写真もさ~っとではありますが見てくることができました。

PB160386.jpg

↑ 一番左端がもえもえでっす(笑)



そして、その帰り、近くの会館にて↑ 「ペコロスの母に会いに行く」の映画を鑑賞してきました。
2013年11月に公開され、その前にもNHKなんかで撮影のドキュメンタリーの番組が放送されていたり・・・なっぽもコミックエッセイを読んだこともあり、とても気になっていた作品でした。
近くの劇場での公開がなかったモノで諦めていたンだケド、今回、たまたま近くの会館にて上映会をするコトを知り。。。
招待券のプレゼントに応募したら、見事当選しちゃいました \(^▽^)/
・・・というコトで、バタバタとしていたンだケド、せっかくの機会だから鑑賞してきちゃいました~ ←ま、招待券が外れても、チケット買って観に行ったと思いますが(笑)

カンタンにストーリーをご紹介しますと。。。
長崎生まれの団塊世代・岡野ゆういち(岩松了)は、漫画を描いたり音楽活動をしたりと趣味にうつつを抜かし、仕事に身が入らないダメサラリーマン。
小さいたまねぎ“ペコロス”に似たハゲ頭のゆういちは、今日もライヴハウスでオリジナルソングを歌い上げて悦に入っている。
そんなゆういちの母・みつえ(赤木春恵)の認知症が始まったのは、夫のさとるが亡くなった頃からだった。
それから10年、ある時はさとるのために酒を買いに出たところを孫のまさき(大和田健介)に見つけられて連れ戻され、またある時はゆういちが帰ってくるのを駐車場で待ち続けて危うく轢かれそうになった。
さらに、箪笥の引き出しから汚れた下着が大量に出てきたこともある。
ケアマネージャーに勧められたゆういちは、悩みながらも、みつえを介護施設に預けることにする。
そこは老人たちが皆で歌を合唱するような明るい雰囲気のグループホームだった。
女学生時代に戻って恋をしているらしいまつ、誰にでもアメをねだるユリ、隙あらば美人介護士の胸を揉む洋次郎など、個性豊かな面々がみつえを歓迎する。
しかし、みつえは「“ふせ”(当て布をして繕うこと)ばせんといかん」と部屋にこもり、他の人の目には見えない縫い物をし続けるのだった。
みつえは10人きょうだいの長女として育った。
畑仕事でボロボロになった弟や妹たちの服を毎日縫うのがみつえの仕事。
結婚後もさとるが給料の全てを酒に使ってしまい、さとるの背広やゆういちたち子供の服は“ふせ”だらけとなっていた。
そんな中、みつえの記憶は少しずつ過去へ遡っていく。
ある日、みつえは、さとるや幼なじみのちえこ、8歳で亡くなった妹のたかよが会いに来たとゆういちに語る。
ゆういちは「ボケるとも悪かことばかりじゃなかかもな」と思い始めるのだった・・・。


この作品、母の認知症のコトを知って、まだ4ヶ月ばかりですが、そのコトを知る前からとても気になっていた作品でした。
そして・・・作品の中に引き込まれていき・・・最後はホント、涙が止まりませんでした。。。
フツーに観ててもきっと泣けたと思うケド、でも、やはり母のコトがあるからこそ、なんか変に感情移入しちゃったというのも多々あるんじゃないかと思います。
一昨日の母を交えての話し合いのコトを思い出し、その時のコトがダブり・・・
そして、 介護もこんな風に和やかに、そして介護される人のことを考えたカタチのモノが行えたら・・・ そんな風に感じました。
ホント、スクリーンの中の風景、コレはホントに理想的な介護のカタチなのかもしれません。
みんなそれぞれに協力しあい、できることをできるカタチでやっていく。。。
そんな当たり前のコトが、なぜかウチはできていません。
本当は・・・介護ってシンプルで、弱い立場になったモノたちに健康なモノたちが合わせて寄り添って・・・
そうやって行っていくものなんじゃないかと思うのだケド。。。
そんな普通のことができないなっぽたち。。。
時間だけが無駄に過ぎていく虚しさ。
いろいろな思いが去来して、本当に涙が止まらなかった・・・
自分が何かしてあげたくてもそれができないもどかしさ、みんなの気持ちがいざというトキになってすれ違っているふがいなさ。。。
そんな状況を、母はどう感じているんだろう??

記憶が昔にさかのぼったみつえさんが長崎の原爆の記憶、そして妹と親友の死、夫との波乱万丈な生活の中から、たとえそれが辛かった記憶であっても、自分の心の中に強く抱え込んでいたモノが大きければ大きいほど、鮮烈なその頃の記憶がよみがえってくるものなのだろうと感じたりしました。
そして、懸命に生きていたからこそ、その頃の自分の記憶がいつまでも忘れられなく、また一瞬の幸せもいつまでも強く記憶に残っていくものかもしれないと。。。
みつえさん役の赤木春恵さん、かわいらしいみつえさんを好演していらっしゃいました。
そして、ゆういち役の岩松了さんの母を見守る温かい眼差しに癒されました。
なんといっても原田貴和子さん原田知世さんの久々の共演も注目すべきポイントです。
長崎の花街で働く知世さんが演じたちえこと若かりし日のみつえさん役の貴和子さんがバッタリ出会うのですが、その時の知世さん、すごく艶やかできれいでした~ w(@@)w

もえもえの学園祭で、少し塞いでいたキモチも明るく気分転換できたかと思いきや・・・ちと映画の内容がリアルで心に響きすぎて・・・少し辛かったカモ・・・ですねぇ~(苦笑)
でも、現実を見据える意味ではすごく勉強にもなったし、いろいろと考えさせられました。
老いって、誰にでも平等に、いつかはやってくることです。
その時、ボケるかどうかは人それぞれでしょうが。。。
でも何か、心の中に温かく残り、響く作品でした。
多くの方に、観ていただきたいですね~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
なっぽはこの作品に出会い、深い、い~ぃ時間を過ごせたと思います。







テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

23 : 56 : 33 | ◎ 趣味の宝庫? ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
再びの話し合い
2014 / 11 / 16 ( Sun )
昨日は、実家に出向いてきました。
平日よりもさらに早い午前4時半に起床、午前6時過ぎに自宅を出発・・・という強行スケジュールです★
実は、妹夫婦と一緒に実家に出向き、今後の母のコトについての話し合いをしてきたのです。
なっぽと妹の二人だけではなかなか同じ土俵に上がってこない実家の父。
それぞれの夫も交えてならば、少しは話し合いもまともにできるかと思い、主要人物が顔を突き合わせ、話をする機会を作ったのです。
・・・とはいえ、それでさえも父、嫌がっていたようです。
ソコをどーにかムリムリ時間を作らせた・・・というのが、本当のトコロです。
母の調子がおかしくなり、もうかなりの時間が経ちました。
それだというのに、今後のコトについての話し合いを避けて通ろうとする父。
自宅からの外出も頑なに拒み、父と一緒以外はなかなか外にも自由に出かけるコトができなくなった母。
明らかに状況は深刻化していて、なっぽも妹もヤキモキのし通しで、ただただ心配するばかりでした。
せっかくの今回の機会、何か状況の進展に結び付けられるモノが見いだせれば・・・という思いと、ムリムリ父を引っ張り出すのだから、失敗は許されないという焦りも交差し。。。(苦笑)

まずは午前9時からケアマネージャーさんを交えて話し合いをするコトになっていたのでそれに間に合うべく早目に自宅を出発したなっぽと旦那なのですが、初っ端からチョンボしちゃいました~ (+_@;)
車が大渋滞に巻き込まれること数回、おかげでケアマネさんとの話し合いの時間に間に合わず、妹夫婦とケアマネさんの三人で話をしてもらうことになってしまったのです。
実はなっぽ、今までケアマネさんとお会いする機会がなく、今回が初対面となる予定だったのです。
日頃のお礼等、ご挨拶も・・・と思っていたのに、すっかり当てが外れてしまいました  (→o←)ゞ アチャー

仕方なしにケアマネさんとの話し合いが終わった妹夫婦と実家近くのショッピングセンター内の駐車場で待ち合わせし、軽く打ち合わせをして午前10時半頃、実家に出向きました。
サスガに逃げられないと思ったのか、キチンと父も今回は同席してくれましたよ~(苦笑)
ただねぇ~。。。 ( ̄~ ̄;)ウーン

今まで、なっぽや妹に何の連絡もなく、勝手に有料老人ホームのようなトコロの見学(しかもかなり遠くの)に行ってしまったり、電話も居留守使われたり・・・というコトが多々あったのですが、妹の旦那さんであるトシちゃんがうまく話を進行してくれ、 何かあった時、お互いの状況がわからないコトが一番よくないから と連絡を入れともらえるようにお願いし、どーにか渋々ながらもそれを了承するムードになっていた父だったのに、途中でなぜか風向きがおかしな方向になってしまい。。。
結局、話が振り出しに戻ってしまいました。
いちいち、連絡をする必要なんかない、 そんなに心配なら、ココに住んで面倒を見ろ! そんな風に、無理難題を繰り返す父に、話はすっかり平行線になってしまいました。
週1でヘルパーさんにも来ていただけるようになったようなのですが、本当はもう少し回数を増やし、イロイロな人と接触したりした方が刺激にもなるかと思いきや、父は自宅にあまり人を呼びたくないようで却下!
デイサービスの利用の提案をしても、どうも父のイメージの中でのデイサービスって、車で迎えに来てお風呂に入れてもらい・・・というカンジのものらしく、 そんなコトをしてもらう必要はない と。。。
今は、みんなで好きなコトをやったり・・・と、いろいろとやり方もあるようなんだと言っても、聞く耳持たず。。。
妹が話し合いをしたトキにケアマネさんから預かったデイサービスの案内の紙も参考に渡したのですが、チラリと目をやったケド、あまりカンシンなさそうで。。。
本人が、そういうところには行きたくないと言っている というので、母にそうなのかと聞くと 行ってみてもいい と。
そうすると 今はみんながいるから、無理してそう言っているんだ。 いなくなったら、やっぱり行きたくないと言い出すに決まっている。 みんなに遠慮して嫌だけど無理しているんだ。 と言い出す始末。
いったい・・・ 普段、誰に遠慮して、本当の気持ちを言えないのか、まったくわかっていない父。。。 フゥ(o´Å`)=з
トニカク、父は自分の生活のペースを乱されたくないのです。
デイサービスに行ったり、ヘルパーさんが家に来る・・・というコトになると、その時間帯の自分の行動の制限がでてきてしまいますよね。
そんなの、ある程度は仕方のないコトだと思うのです。
だけど、その時間帯、例えば自分は散歩に出かけている・・・等、自分の大したことでもない予定でも組み込まれていたりすると、それをちょっとでも変更するのがなぜか父はとてもイヤなようでして。。。
介護をする・・・というのは、ある程度、介護を必要とする者のペースに自分を合わせなきゃできないことだと思うのに、父は自分のペースに介護される側を合わそうとするから、母は利用できるサービスも利用できなくなってしまうし、行動自体も制限されてしまうというのに。。。
それが、母が自分の頭でモノを考え、行動するコトの妨げになっているコトが、まーったく父はわかっていないのです。
できる と本人が言っている料理等の仕事も取り上げ、心配ならそばで付いていてサポートするなりすればいいのに、付きっきりは面倒だから・・・とやらせなくなってしまう。。。
結果、母はできないコトが増えていく・・・
本当に悪循環なんです。
どうにか父から少し、母を引き離さないと・・・
そう思ってのデイサービスやヘルパーさんの利用も、父にはことごとく却下され、挙句の果てには意見するコトが 親に対しての口の利き方じゃない トカ、 散々、親に世話になったくせに、ココで介護もできないのは恩知らずだ トカ、まるで子どものようにまくしたてる父に呆れ。。。 ( ̄_ ̄;)
世話になったからこそ、母の進行を少しでも緩めたくて、言いたくもない意見もしているのに。。。
旦那からも、行政のサービス等の提案をしても「そんなモン、ここではやっていないから」の一点張り。
ホントのトコロ、よく調べていないだけなのは、明白です。
だって、サービスを利用する気なんて、ないんだから。。。
自分の力で何かを調べ、少しでも状況を好転させよう・・・なんて、思ってもいないンだと思います。
本当に、意固地過ぎる父・・・
健康な父の都合に合わせていたら、、介護が後回しになってしまいます。
本当に危機感を感じています・・・
自分のやり方をあくまで崩したくない父。
本当の意味での介護される側の身になった介護なんて、そんな状態の父に任せていたら絶対できないような気がします。
かといって、実家に戻り、母の介護をするというコトも、仕事や家のコト、姫様ズ・・・と考えると、簡単にはいかないでしょうし。。。
どうすればベストな状態でいられるのか、母が過ごしやすくなれるのか??
本当に、問題が複雑で、なかなか結論が出せません。。。
そして、不安ばかりが募ります・・・
結局、4時間近く、お昼も食べないで話し合いしましたが、全く決着せずに解散するコトになってしまいました。
今回の話し合いの意味、何かあったのでしょうか??
この日のために、かなり気合も入れてきたし、どうにか状況の進展ができれば・・・と願ってきたのに。。。
なんか、一気にガクッときちゃいました。。。

先日のがん検診の結果のコトもあり、本当は自分の体のコトも考えなきゃいけない状況ではあるンだケド、今はもう、そんなこと後回しで、どうでもいいような気がしちゃいました(苦笑)
まずは、自分のことよりも、母のコトをどうにかしなきゃ。
気持ちだけ、かなり焦っています。
このまま父の思い通りにさせたくはないのです。
黙って待っていたら、どんどん母の状況は厳しくなっていきます。
正直、春の時点ではそんなに違和感のない状態だったというのに、今や母は、自分の意見や意思をほとんど表すコトがなく、あんなにおしゃべりでお節介な人だったのに、人が変わったかのように静かになってしまいました。
どうにかしなきゃいけません・・・
コチラが本気だというコトを、玉砕覚悟で訴えかけようかと思うぐらい、正直、切羽詰っています・・・ ( ̄_ ̄;)

テーマ:親の老後と介護 - ジャンル:結婚・家庭生活

23 : 35 : 51 | ◎ 日々の戯言 ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
腹をくくる
2014 / 11 / 15 ( Sat )
昨日は、先日受けた、子宮がん検診の結果が送られてきました~
以前から、ハガキでの通知文はセーフ、封書で来たらアウト というコトは知っていたのですが、なっぽの元に届いたのは、ぬわぁ~~んと、お初の封書の通知でしたーっ w(@@)w
・・・ってコトで、なんと、ナントの要精密検査です!! 

でもね、不思議とビックリもしなかったし、慌てたりもしない自分がいたのには、ビックリ。
なんかね・・・もし癌でも、仕方ないさ・・・って(苦笑)
検診も2・3年に一度のペースでポリープで引っかかり切除していたりもしたので、 今年はそろそろポリープで引っかかるかな? とも思っていたトコロでした。
なので、なんかちょっと何かしらあるかもしれないと覚悟していたせいかもしれません・・・
そーいえば、検診後も出血が続いたり、おなかが変に痛かったり・・・なんかいつもと調子が違っていたしねぇ~~。。。 (゜゜)(。。)ウンウン

以前だったらものすごーく「」に対して執着が強かったなっぽ。
自分が死ぬなんてコト、ぜーったい考えられなかった!
自分は永遠に生き続けてやる! とすら思ってた(爆)
そのために、食生活をいろいろ考えたり、適度に身体を動かしたり・・・と、プチ健康オタクしてたりもしたしねぇ~ (´▽`*)
」というコトがとても怖く、とてつもなく恐怖だったんだと思います。
経験することができない未知な部分だけに、なんとなく不安というか、 死んだら自分はどーなっちゃうんだろうか? トカ 自分が死んだら周りの人はどーなっちゃうんだろうか? とか、堂々巡りのグルグル状態だったンだとも思います。
自分という存在が、この世からきれいさっぱり消えてなくなっちゃうことが、何ともいえない恐怖だった・・・
あったモンがなくなっちゃっても、それでもフツーに世の中が回っていくコトが、怖かった・・・

だケド、ここ数年、身近なヒトとの別れを経験し、心境に変化があったようで、あまり「死」というものに対して以前より恐れる気持ちがなくなったような気がします・・・
なんとなく冷静に受け止めるコトができるようになった・・・というのか??
「死」という行為を、受け入れるコトができるようになったような気がします。
もしあの世というものがあったとしたら・・・それはそれで大切だった人たちとまた会えるんだと思えば、そんなに怖いこともなくなったし。。。 ←あくまでそういうものがあれば・・・ですがね~ (^^;;;
仕事のコト、家族のコト、実家のコト・・・
いろいろあるから、ホントはまだまだ病気になんかなってはいられないんだけどね~~(苦笑)

トニカク今は、 指示通り精密検査に行くっきゃない! ってカンジです。
すっかり現状に腹をくくっているなっぽでありまする~。
なるようにしか、ならないさ!
そんな風に思っています。
そして、そんな風に考えられる自分の神経の図太さに、改めてちょっと呆れているかな~? (* ̄m ̄) ププッ
でもま、それしか今のなっぽには、できることってないですからねぇ~~(苦笑)

再検査、がんばってきまっす★ d(^-^)b

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

23 : 15 : 09 | ◎ 日々の戯言 ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
東大病院へ・・・
2014 / 11 / 11 ( Tue )
実家の父が年に一度、東大病院で定期健診を受けています~。
ココントコ、いろいろとありなかなか父との連携が取りづらい状態であったンだケド、病院行きの話を妹から聞いたンですね~。
そしてどうも検診に、母も同行するようなハナシ。
コレ、今までも毎年、母も一緒に行っていたワケだから、通常だったら あ、そ。 いってらっしゃ~い! で済むトコロなんだケド、今年は母の状態が状態だけに どうなんだ?? と気になりました。
父の検診中、母は一人で待っていられるんだろうか? と。
まぁ、初めてのトコロではないにしても、そんなに頻繁に出向くトコロではない場所に一人にされたりして・・・
パニックになったりしないだろうか?? と気になったモンで、ちょうど8日・土曜日が出勤日でその代休が昨日だったなっぽ、母の付き添いをすべく、病院に出向いてきました~~ (ノ~ ▽~)ノ

実は、父に前もって付き添いを申し出ていたのですが、お断りされてしまってまして~~ (^^;
父曰く、 気まぐれに手をだし、勝手に介護している気分になるな! というコトらしいのですが、こちらサイドからしてみれば全部はできなくとも、手伝いができるトコロはやっていきたいと思っていて、その一環といったカンジでの申し出だったのですが。。。
いらぬおせっかい とばかりの言いぐさに正直、心が折れそうになりつつも(ま、なっぽ、図太いから、なかなか折れませんが ^^;)、久しぶりに少しの時間でも母と話ができれば・・・という思いもあり、出向いたワケです。
正直、歓迎されていないワケですから、貴重な休日、もっと違うことでもしていた方が有意義っていう思いもないワケではなかったのですが、それでもやはり自分の親のコトだからねぇ~~。。。
気になりますよね、普段、大した手助けもできていない身としては。。。

父ってば、ご丁寧に(苦笑)自分の検診を受ける時間も、聞いてもぜーったい教えてくれませんでした。
そんなんで、シツコイなっぽ、病院に直接電話し、日にちと時間を教えてもらっちゃったンです。
・・・で、検診時間が午後2時からというコトで、少し早目に来るだろうと父の動きを読んで、コチラも早めの午後1時チョイ前に病院の受付窓口に張り込み、両親がやってくるのを今か、今か~とスタンバって構えておりました~~ (* ̄m ̄) ププッ
受付のお姉さんに、検査の予約の確認をし、そばで待たせてもらうことに・・・
早め早めの行動をする父なので、かなり早めに病院に到着して待っていたのに、なぜか昨日に限って父ってばぜーんぜん現れないの!! ( ̄◇ ̄;)
ンで、ようやく姿を見せたのが、予約時間の10分ほど前
あるイミ、すっかり裏をかかれてしまいました~~ (+_@;)
1時間近く、立ちんぼで待ちぼうけ食らってしまった~~! ←病気の人優先なので、席に座って待つことはあえてしませんでした σ(^-^)
母にはあらかじめ、なっぽが行くということを伝えておいたのですが、父はあれだけ頑強に断ったのに突然、なっぽが現れたのでかなりビックリしていたようです。
でも、来ているモノを帰れともいえないし。。。
まぁ、自分が検査の間は顔を合わすコトもないから、仕方ないか・・・とでも思ったのかもしれません(苦笑)

受付のお姉さんに、大体の検査の所要時間を教えていただいていたのですが、思ったよりも検査時間、かからないようでして。。。
実際、1時間もしないウチに検査は終わってしまいました。
その後、。会計窓口に回り、順番を待ったり・・・
コチラの方が、かなり時間がかかったような気がします。
ま、大きな病院って、どこもそんなカンジですよねーっ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
大腸にポリープがあり、取ったようなハナシをしていたため、少し座っていた方がいいとも思ったのでなっぽが会計に立つから休んでいたらどうかと提案したンだケド、ピシャリとまたもやお断りされてしまいました・・・ ( ̄_ ̄;)
ホント・・・頑固だよなぁ~~。。。
そんなんで、父が会計を済ますまで、母と2人で待っていました。

・・・で、会計後、病院の入口のトコロでお別れです。
往復3時間近くかけて病院に出向いても、母と会ったり・・・との所要時間は1時間程度ですよ~~。
まぁ、父を待つ間、最近の様子とか、食事にどんなモノを食べているのかを聞いたり、なっぽ家の諸々の様子なんかを話したり・・・とできたケド、それでも待っている間に何か飲み物でも飲むかと勧めても、いらないと言うし、実際、検査後にでもお茶ぐらい飲むかと思いきや、誰もそーいった発言もないし。。。
なんだかなぁ~・・・ってカンジでした。

自分で勝手に申し出たコトとはいえ、なっぽ、土曜日は仕事、日曜日は太極拳の発表会・・・と、ずっと出ずっぱり状態だったトコロに休日返上で病院に出向いていったワケなんですよね~。
イロイロなイミで、ケッコー疲れがピークだったみたい。。。
ホントのトコロ、朝から疲れが溜まっていたせいか、肩こりと頭痛がひどい状態だったンです。
両親と病院で別れたあと、なっぽは京成上野駅まで出たのですが、その途中のマ◎クでバーガーと飲み物で一息ついちゃいました。
正直、一息つかずにはいられなかった・・・っていうのがホントのトコロ。
お昼も食べられなかったのでおなかもペコペコだったし、何も飲めなかったので喉もカラカラだったしねぇ~~(苦笑)
早く帰らなきゃ とは思ったモノの、もぅ~~一仕事終わったあとの一服でもしなきゃ、 やってらんない! って状態だったからねぇ~~ (^^;;;
大したコトしたワケじゃないケド、なんか、メチャメチャ疲れた~~!
父の威圧感ある態度、やっぱ、短い時間でも一緒にいるの、なかなかキツかったしねぇ~~ フゥ(o´Å`)=з

帰りの電車では、バッチリ座って爆睡しちゃいました。
こんなトコロでしか休息できないのって、どーなんだか?ですが。。。
さて、休みなしで突入した新しい1週間、どーにか踏ん張れるかな??
踏ん張らなきゃはじまんないンだケドね。。。 d(^-^)b

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

22 : 59 : 47 | ◎ 日々の戯言 ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
平成26年度 文化祭
2014 / 11 / 10 ( Mon )
今年も・・・舞ってきましたよぉ~~っ! ヽ(≧▽≦)ノ
昨日、なっぽの住む町内の文化祭が開催されました。
毎年の如く、なっぽ、今年も所属している太極拳のサークルの一員として、演舞させていただいてきました~~(/ω\)
ホントは・・・コレマタ毎年の如くなのですが、出たくなかったンだよねぇ~~。。。
だって、ただでさえ練習も月イチがやっと・・・という参加率のなっぽ。
みんなに比べると、どうしても練習不足だし、加えて今回はなんだか段取りが悪かったのか、文化祭のための練習に入るのが遅すぎまして。。。
最後の最後に駆け足で練習を詰め込んだりしていたのですが、なっぽ、仕事の関係上、出られなかったりしたし~~。。。
母のコトもあり、イロイロと動きが取れない状態でもあったため、今年はキモチ的にはお断りモード全開だったンです。
・・・が、出られる人が少なすぎるというコトで、役員さんから頼み込まれまして~~。。。
毎年、このパターンなんですがね~~ (^^;;;
そんなんで、断れないなっぽ、今年も舞台に立つことになっちゃいました~~ (ノ~ ▽~)ノ

今年は、発表の時間帯が午前中に組まれていたモンで早起きし、会場になっている会館に出向き、集まったメンバーでカンタンに最後の練習をし・・・いよいよ本番でっす★
いやぁ~~っ、ほぼぶっつけ本番ってカンジの状態だったモンで、みんなの足を引っ張ったりしないか内心、ヒヤヒヤしていたのですが、舞台の上に上がると意外に平静といいますか。。。
なんか、緊張感とかぶっ飛んじゃったカンジで、思ったより落ち着いて演舞するコトができました (^.^)ホッ
毎度のコトながら、意外に客席とか冷静に見ていたりできちゃうモンなんですよね~。
・・・って、ソレって意外になっぽ、神経が図太いって証拠なんでしょうか~~?? (* ̄m ̄) ププッ

でも、どーにか無事、演舞を終え、役割を果たすことができて、ホッと一息です フゥ(o´Å`)=з
太極拳で身体を動かしている時間って、意外にってカンジで他のことは何も考えずに、身体の一つ一つを動かすコトに神経が集中しているような気がします。
キモチが演舞に集中できる・・・というのか。。。
そんな風に、そのコトだけにグッと神経を集中できる瞬間が好きで、太極拳を続けているのカモしれません。
特に舞台に上がるトキは、集中力も上がるような気がして、イヤダイヤダと言いつつもこの瞬間って、なっぽにとっては大切な時間になっているのかもしれませんね~。

そうは言っても一応、 今年で文化祭参加は最後にしたいなーっ という思いもあります。
やはり、先のコトを考えると、なかなか週末に時間を拘束されるのもキツいし、仕事の絡み等も考えると、難しいかなぁ~・・・と。
でも、もしも来年度うまいこと太極拳を続けていくコトができ、また文化祭参加を頼まれたら・・・きっとまた、断れずに舞台に立っちゃうコトになっちゃうんだろうな~、なんて思っているなっぽだったりします σ(^-^)
さて・・・来年は、ココでまた、文化祭の報告、できるのでしょうかねぇ~~? (* ̄m ̄) ププッ

テーマ:太極拳♪ - ジャンル:スポーツ

22 : 39 : 08 | ◎ 趣味の宝庫? ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |