心を癒してくれる存在
2008 / 09 / 27 ( Sat )
実家の愛犬・トムがお空に行ってしまって1日が経過した。。。
あまり一緒の時間を過ごしていなかったなっぽでさえ、何だかものすごーい脱力感というのか空虚感というのか・・・
トニカク心にポッカリ穴があいてしまったようなキモチでイッパイだったりします。
なっぽでさえこんなんだから、きっと13年という年つきを一緒に過ごした両親なんて、もっと寂しい気持ちでいっぱいのコトだろう。。。
そんな両親にさえ、何もしてあげることができないどーしようもないヤツです、なっぽってば σ(^へ^;)
ホントに、いざというトキにまーったくアテにならないヤツだったらありゃーしませんよね。

そんなどーしようもないキモチを引きずって迎えた昨日の朝。
久々にチビコに会った。
チビコってば、ここ1週間ばかりまーったく姿を見せずにいたモンで、なっぽ的にはどこでどーしているのかとーっても心配していたンですね~ ( ̄~ ̄;)ウーン
だけど一昨昨日、もえもえとかなっぺがチビコと会ったと話してくれたので、ちょっぴりホッとしていたンだよね。
・・・とはいえ、タイミングが悪いのか、なぜかなっぽの前には姿を現さないチビコちゃん (--;)
元気ではいるようだけど、どうしているのかと気になっていたンですね~。
朝、チビコの名前を庭先で呼んでみたら、奥のほうから ニャー と返事がして、チビコがフラリと姿を見せました!!
もぅ~~、チビコったら、約1週間ぶりのご無沙汰ぢゃんかっ!!(苦笑)

久々にエサを与えると、スゴイ勢いで完食しちゃったチビコちゃん。
おなか空かしン坊だったんだねぇ~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
ごはんのあと、久々にチビコの頭や体をなでてあげると、チビコもうれしかったのかスリスリとそばに擦り寄ってきてくれた。
最近、つれない態度のチビコちゃんだったンだけど、昨日は何だかうって変わって昔(・・・といっても2ヶ月ほど前だけど ^^;)のチビコに戻ったかのようにスリスリとなっぽに甘えてきてくれて、なっぽもものすごーくウレシカッタ。
ホント、涙が出そうになるぐらいうれしかったンだよね~。。。
トムのコトがあって、ちょっぴり心が凹んでいるなっぽに何か察したのかな??
チビコがそばにいてくれるコトで、なっぽの心がどれだけ癒されたことか。。。
思えば、愛犬・コロンが亡くなったあとも、チビコは何かにつけてなっぽにまとわりついてきていたなぁ~。。。
心がつぶれそうなくらい本当につらい時期を、チビコがそばにいてくれたおかげでその存在に随分、救われたような気が改めてしました。
なっぽにとってチビコは、いつの間にか心を癒してくれる存在になっていたようです。。。

チビコが完全ノラ生活に戻ってから、一日一度会えればラッキー程度のチビコとの会う頻度だったンだけど、昨日はぬわぁ~~んと夕飯後に旦那とウォーキングに出かけようとしたら、バッタリ遭遇!!
慌てて夕飯をあげにウォーキングを一時中断したり。。。 (* ̄m ̄) ププッ
1時間ほどウォーキングして戻ってきたトキにも、チビコはなっぽのコトを待っていてくれたのか、フラリとそばによってきてくれました。
小さくて柔らかい頭や体をなでてあげるだけで、なっぽもホッとキモチが和らぎます。。。
チビコのおかげで、キモチが随分落ち着いて、夜はグッスリ寝られたような気がします♪

チビコの怪我したシッポ、とうとう先の方がちぎられてしまったようで、久々に会ったチビコにはトレードマークの長~いシッポがなくなっていました (;;)
その短くなったシッポを、今までみたいになっぽの足や体に絡み付けて甘えてくるチビコ。。。
シッポを失うほどの怪我をしたというのに、何もしてあげることができなかったなっぽなのに、そんななっぽのそばに落ち込んだときにヒョイと現れてくれたコトには、ホントにカンシャ以上のなにものでもないキモチでイッパイだったりします~。
明日も、明後日も、毎日、毎日・・・
いつでもチビコに会いたいよ♪
チビコにも、そう思ってもらえるよう、いつでもチビコの味方であり、よき相棒でありたいと思うなっぽでありました~ (*^^*)
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

21 : 40 : 14 | ◎ 日々の戯言 ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<郡市小中学校科学作品展 & 「おくりびと」 | ホーム | トム お空に・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://naho0901.blog14.fc2.com/tb.php/1119-06b8841b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |