「食堂かたつむり」
2010 / 02 / 12 ( Fri )
昨日、↑ 「食堂かたつむり」観てきました~♪

カンタンにストーリーをご紹介しますと。。。
失恋のショックで声を失った倫子(柴咲コウ)は、子供の頃から馴染めなかった自由奔放な母・ルリコ(余貴美子)が暮らす田舎へ戻り、小さな食堂を始めることにする。
お客様は一日一組だけ。
決まったメニューはなく、お客様との事前のやりとりからイメージを膨らませて料理を作るのだった。
訪れるお客様の想いを大切にして作る倫子の料理は、食べた人の人生に小さな奇跡を起こしていく。
そして、いつしか“食堂かたつむり”で食事をすると願いが叶うという噂が広まっていった。
そんなある日、倫子はルリコからあること告白される。
倫子は衝撃を受けながらも、母のための料理を作ろうと決意する。
料理を通して倫子とルリコの距離が縮まろうとしていた・・・。


公開前から気になっていた作品なんだケド、早々に鑑賞してきちゃいました~ ヽ(≧▽≦)ノ
感想はヒトコトで言うと。。。
とってもメルヘンタッチな作品でしたね~ (^^)
料理シーンは全て主演の柴咲コウさんが作ったモノだそうで、ホントにどれもおいしそうぅ~♪
午前中の上映回で鑑賞したモンで、もぅ~~料理が出てくるシーンではおなか空きまくりでした~~(爆)
倫子がひとつひとつの料理に愛情を込めている様子が柴咲さんの表情から伺え、 あぁ~、なっぽももっと料理を作るトキ、キモチを込めて作らにゃあなぁ~。。。 なーんて反省されられたりもしました(笑)

母と子のビミョーな関係。。。
だけど、それは母が上手に愛情表現できなかったがためだった。。。
なんかすっごくわかるような気がしました。
なっぽもドチラかと言うと、不器用だから。。。 (^^;
ストレートに愛情表現できないトコロが多々あり、ちょっぴり余貴美子さん演じる自由奔放な母とカブるトコロがあったりしますから~~ ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆ ←アソコまで凄くはないケド!
母が娘を思うキモチ・・・
思いっきり共感し、ホロリとさせられちゃったなっぽだったりしますぅ~ (;;)
サスガ、余貴美子さんですね!
そして、ブラザートムさんも、実にいぃ~味出しています ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
作品からほんわかとした温かくてやさしい雰囲気が常に感じられ、倫子の作る料理が観ているコチラまで幸せにしてくれてるような気がしてならなかったです。
なんか・・・心がホッとできる作品でした。

午前中の上映回だったにも関わらず、劇場内は半分ぐらい人が入っていたかなぁ~。
ま、建国記念日でお休みだったからなんだろーケド、それでもやはり公開したばかりだからでしょうねぇ~。
前評判もあったからか、なかなか好調なカンジがしました。
パンフレット中に、倫子が作る ジュテームスープのレシピが載っかっています。
必見ですよ~~♪















スポンサーサイト

テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

00 : 01 : 07 | ◎ 趣味の宝庫? ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「はやく起きた朝は・・・」 オンステージ2010 | ホーム | 図書館で借りた本♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://naho0901.blog14.fc2.com/tb.php/1405-9e7732ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |