「源氏物語 千年の謎」
2012 / 01 / 09 ( Mon )
年末に職場でいただいた↑「源氏物語 千年の謎」のチケット。
そろそろ観にいかなきゃヤバイ! って思い、昨日、旦那と連れ立って今年は初の映画鑑賞してきちゃいました~ ヽ(≧▽≦)ノ

カンタンにストーリーをご紹介しますと。。。
絢爛豪華な平安王朝の時代。
一条帝の心を娘の彰子(蓮佛美沙子)に向けさせようと企む時の権力者・藤原道長(東山紀之)は、紫式部(中谷美紀)に物語を書くよう命じる。
その物語の題名は『源氏物語』。
主人公は今上帝と桐壺更衣(真木よう子)の間に生まれた光源氏(生田斗真)。
だが、帝の寵愛を受ける桐壺更衣は、嫉妬心に燃える帝の正妻・弘徽殿女御(室井滋)によって殺害される。
光源氏は宮中の女性たちの憧れの的だったが、桐壺に瓜二つの義理の母・藤壺(真木よう子:二役)への狂おしい思いを断ち切ることができずにいた。
その苦しさから逃れるため、正妻・葵の上(多部未華子)、艶やかな大人の色香を放つ六条御息所(田中麗奈)、はかなげでつつましやかな夕顔(芦名星)と、奔放に愛を求めて彷徨うのだった。
やがて、女の心の奥に潜む“嫉妬”という魔物に追いつめられてゆく光源氏・・・。
紫式部が綴る『源氏物語』は、たちまち帝の心を掴み、帝と彰子の間に男の子が生まれた。
これによって道長の栄華は確固たるものとなり、紫式部の役目は終わるはずだった。
しかし何故か紫式部は『源氏物語』を書き続ける。
そんな中、道長の友人で陰陽師の安倍晴明(窪塚洋介)は、物語に没頭する紫式部に不穏な気配を感じ始める・・・。
光源氏に心奪われる女性たちに深く嫉妬した御息所の修羅の心が、道長への思いを心に秘めた式部自身の心と重なり、生き霊となって現実と物語の空間を越え始めていたのだ。
愛と嫉妬と憎悪にゆがむ時空を超えた紫式部、道長、光源氏の運命。
そして、陰陽師・安倍晴明がその生き霊を追う・・・。


トニカク、平安の時代の雅~な雰囲気が目いっぱい楽しめる作品でしたねーっ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
豪華なお衣装を観るだけでも、かなり目の保養になるンだケド、加えてキャストもかなり豪華!!
なーんかホントに贅沢な気分になる作品でした。

生田斗真クン、中谷美紀さん、東山紀之さん・・・と、ホントに皆さん、熱演していました。
だけど、なっぽ的に一番気になったのは、窪塚洋介さん
久々に観るよーなカンジだったんだケド、なんとも印象に残るというのか。。。
独特な窪塚さんのイメージと、安倍晴明というキャラクターがミョーにマッチしたというのか。。。
かなりオミゴトなキャスティングに思えたのですが。。。 (゜゜)(。。)ウンウン
窪塚さんの世界観に、グッと呑みこまれるよーなカンジでした。

そして、そんな晴明と敵対?する六条御息所役の田中麗奈さんも、今までの彼女では考えられないぐらいの狂おしいほどの悪女を演じています。
意外な一面・・・というのか。。。
田中さんの演じる六条御息所は、キレイで魅力的で。。。
とても見ごたえがありましたね~♪

で・す・が!!
っていうほどの謎って、あったっけ~??
どーして源氏物語は書かれたのか? って謎なんだろーケド、 道長を光に見立て、式部が自分の心の中の思いを書き綴った物語 ってコトなんですよねぇ~?
でもさ、ソレってあくまでも架空の謎解きでしょ??
ホントのトコロはどーなんだか??
非常に気になるトコロです!
そして「源氏物語」、学生時代に一応、教科書で主だったトコロはお勉強(笑)したけれど、全部通してはどんなストーリーなのでしょうか??
そして、どんなカタチで完結するのでしょうか???
なっぽにとっては、コチラの方が大きな謎だったりしますぅ~ (* ̄m ̄) ププッ
いつか、機会があったら改めて源氏の世界を覗いてみたいですね~。
あ、モチロン原文はムリだろうから、大和和紀先生の描く「あさきゆめみし」なんかで手軽にね~~ (* ̄m ̄) ププッ





もうじき公開終了かな~? と思い、大慌てで鑑賞しにいったンだケド、劇場内はかなりお客が入っていて、ビックリしました。意外に人気作なのかな?
やっぱりキャストが豪華だから?
それとも、単純に源氏物語の世界が好きなヒトが多いのかしらン? ( ̄~ ̄;)ウーン
心なしか、年配の方が多かったようにも思います。
上映時間も136分とかなり長丁場!
しかも、結構マッタリとストーリーが進んでいくので、尚更長~く感じるンでしょうね。
なっぽも途中、疲れからウトウトと睡魔に襲われ。。。(苦笑)
前の席に座っていた一人で鑑賞に来ていたオジサン、同じく睡魔に襲われたンでしょうなぁ~。
ものすごーい爆音まがいのイビキをかいていて、ちとビックリしちゃいました~~ (ノ~ ▽~)ノ







【送料無料】源氏物語

【送料無料】源氏物語
価格:660円(税込、送料別)



【送料無料】源氏物語(2)

【送料無料】源氏物語(2)
価格:580円(税込、送料別)

スポンサーサイト

テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

23 : 51 : 16 | ◎ 趣味の宝庫? ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今年 初・図書館 | ホーム | 仕事始めしましたっ ( ̄~ ̄)v>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://naho0901.blog14.fc2.com/tb.php/1728-7b3372f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |