「永遠の0」
2014 / 01 / 02 ( Thu )
元日の昨日は、お節料理を食べ、毎年の如く初もうでに出かけてきました♪

そして・・・
前々から 夜は、泣き始め(爆)しよう~ って約束していたので、珍しく旦那と近くの映画館に出かけてきました。
久々のレイトショーでっす \(^▽^)/
今年最初に観る作品として選んだのは、↑の「永遠の0」!!
百田直樹さんのベストセラー小説を映画化したモノで、実はなっぽ家にも原作本があります。
元々、戦争を描いた映画をケッコー観てきたというのもあるし、そのテの文献も学生時代から読み漁っていたモノでこの作品、とても興味があったンです。

カンタンにストーリーをご紹介しますと。。。
2004年。
佐伯健太郎(三浦春馬)は司法試験に落ち失意の日々を過ごしていた。
祖母・松乃が他界し葬儀に参列するが、そこで祖父・賢一郎(夏八木勲)とは血がつながっていないことを知る。
血縁上の祖父は、松乃の最初の夫で、太平洋戦争時に零戦パイロットとして出撃、終戦間近に特攻隊員となり散った宮部久蔵(岡田准一)という人物だった。
健太郎は久蔵がどんな人物だったか調べようと、彼のかつての戦友を訪ねてまわる。
しかしその先々で、海軍一の臆病者といった手厳しい評判を聞く。
類まれなる操縦センスを持ちあわせながらも、敵の駆逐よりも生還を第一に考えていた。
それは、久蔵が妻・松乃(井上真央)と娘・清子とかわした、家族の元に生きて戻るという約束があったためだった。
それならなぜ久蔵は特攻の道を選んだのか。
やがて久蔵の最期を知る人物に行き着き、健太郎は久蔵の懸命な思いを知る・・・。


トニカク・・・
よ゛がっ゛だーーーーーー!!!
このヒトコトに尽きます!!
たいてい 泣き始め なーんて言って出向いても、肩透かし食うコトの方が多いモノだったりするのですが、この作品はもぅ~~まさにツボにハマりました。
どストライク! ってカンジ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
久蔵のキモチ、松乃のキモチ、久蔵の周りの人たちのキモチ・・・全てがとてもわかりやすく、ものすごーく感情移入しやすかったからかもしれませんねぇ~。

出演されていた役者さんも、もぅ~~なっぽの大好きな役者さんが揃っていて、観ていてうれしくなっちゃいました。
濱田岳くんをはじめとして、田中泯さんまで~~ (ノ~ ▽~)ノ
泯さんが出ているシーンはホントにビシッとしていて、迫力が違いましたよねぇ~。 
締まっている ってカンジで!!
サスガ! のヒトコトに尽きます。

そして何より主演の岡田准一さん
難しい役柄をホントに見事に演じられていました。
戦場でのシーン、家族との幸せなひと時のシーン・・・
どのシーンでもそのシーンにふさわしい表情で、とても自然なカンジで。。。
特にラストシーンの表情、忘れられません。

戦争のない、平和な日本に生まれ、毎日を当たり前のように生きている自分と、日常が戦いの久蔵たちの生きていた時代・・・
いくら戦争が嫌でも、決してそんなコト、口にすることなど許されなかった時代。
そして、 生きて家族のもとに帰る などと口にしようものなら、非国民扱いされるような風潮の世の中。
のほほんと日常のまったりとした世界に胡坐をかいてばかりいないで、今の平和は久蔵たちが命がけで戦ってくれたからこそ得られたモノだというコトを忘れてはならないと強く感じました。
もっと、強く、そして図太く、何事にも全力でがんばらなきゃいけないですよね。
あの時代の人たちに、恥ずかしくないような生き方をしなければ・・・ね! (^_-)-☆バチッ

普段、ヒトと一緒に映画鑑賞したトキ、感涙をグッとこらえちゃうトコロのあるなっぽなのですが、今回は・・・ムリでした エ━━━゚(ノД`゚)゚。━━━ン!!
元日のレイトショーだというのに、劇場内は思ったより人の入りがよかったですね。
そして、あちこちから鼻をすする音が聞こえていました。
上映後、席を立つどの人からも「よかった~」って声が聞こえました。
旦那と映画鑑賞に行き、その帰りの道すがらに観てきた映画の話が出るコトって今までほとんどなかったのですが、この作品は違っていました。
帰りの車の中で、それぞれの感想を話し合ったり、新鮮な時間をもたらしてくれました。
もしかしたら、そんなコトって初めてだったかもしれません。
これも、作品の中の家族愛・夫婦愛に触れたからなのでしょうか??(笑)
なんか、特別な思い入れのある作品になったような気がします。

戦闘シーン等もホントに迫力、見応え満点です。
DVDで繰り返し観たい作品の一つになりました。
年の始め、いい映画に出会えたことをまずカンシャ!ですね (*^▽^*)

【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]

【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]
価格:920円(税込、送料込)



【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]

【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]
価格:1,680円(税込、送料込)







永遠の0 5巻-【電子書籍】

永遠の0 5巻-【電子書籍】
価格:500円(税込、送料込)



スポンサーサイト

テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

23 : 51 : 02 | ◎ 趣味の宝庫? ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<お正月休みの過ごし方♪ | ホーム | 明けましたっ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://naho0901.blog14.fc2.com/tb.php/1977-c7bd2fa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |