再びの話し合い
2014 / 11 / 16 ( Sun )
昨日は、実家に出向いてきました。
平日よりもさらに早い午前4時半に起床、午前6時過ぎに自宅を出発・・・という強行スケジュールです★
実は、妹夫婦と一緒に実家に出向き、今後の母のコトについての話し合いをしてきたのです。
なっぽと妹の二人だけではなかなか同じ土俵に上がってこない実家の父。
それぞれの夫も交えてならば、少しは話し合いもまともにできるかと思い、主要人物が顔を突き合わせ、話をする機会を作ったのです。
・・・とはいえ、それでさえも父、嫌がっていたようです。
ソコをどーにかムリムリ時間を作らせた・・・というのが、本当のトコロです。
母の調子がおかしくなり、もうかなりの時間が経ちました。
それだというのに、今後のコトについての話し合いを避けて通ろうとする父。
自宅からの外出も頑なに拒み、父と一緒以外はなかなか外にも自由に出かけるコトができなくなった母。
明らかに状況は深刻化していて、なっぽも妹もヤキモキのし通しで、ただただ心配するばかりでした。
せっかくの今回の機会、何か状況の進展に結び付けられるモノが見いだせれば・・・という思いと、ムリムリ父を引っ張り出すのだから、失敗は許されないという焦りも交差し。。。(苦笑)

まずは午前9時からケアマネージャーさんを交えて話し合いをするコトになっていたのでそれに間に合うべく早目に自宅を出発したなっぽと旦那なのですが、初っ端からチョンボしちゃいました~ (+_@;)
車が大渋滞に巻き込まれること数回、おかげでケアマネさんとの話し合いの時間に間に合わず、妹夫婦とケアマネさんの三人で話をしてもらうことになってしまったのです。
実はなっぽ、今までケアマネさんとお会いする機会がなく、今回が初対面となる予定だったのです。
日頃のお礼等、ご挨拶も・・・と思っていたのに、すっかり当てが外れてしまいました  (→o←)ゞ アチャー

仕方なしにケアマネさんとの話し合いが終わった妹夫婦と実家近くのショッピングセンター内の駐車場で待ち合わせし、軽く打ち合わせをして午前10時半頃、実家に出向きました。
サスガに逃げられないと思ったのか、キチンと父も今回は同席してくれましたよ~(苦笑)
ただねぇ~。。。 ( ̄~ ̄;)ウーン

今まで、なっぽや妹に何の連絡もなく、勝手に有料老人ホームのようなトコロの見学(しかもかなり遠くの)に行ってしまったり、電話も居留守使われたり・・・というコトが多々あったのですが、妹の旦那さんであるトシちゃんがうまく話を進行してくれ、 何かあった時、お互いの状況がわからないコトが一番よくないから と連絡を入れともらえるようにお願いし、どーにか渋々ながらもそれを了承するムードになっていた父だったのに、途中でなぜか風向きがおかしな方向になってしまい。。。
結局、話が振り出しに戻ってしまいました。
いちいち、連絡をする必要なんかない、 そんなに心配なら、ココに住んで面倒を見ろ! そんな風に、無理難題を繰り返す父に、話はすっかり平行線になってしまいました。
週1でヘルパーさんにも来ていただけるようになったようなのですが、本当はもう少し回数を増やし、イロイロな人と接触したりした方が刺激にもなるかと思いきや、父は自宅にあまり人を呼びたくないようで却下!
デイサービスの利用の提案をしても、どうも父のイメージの中でのデイサービスって、車で迎えに来てお風呂に入れてもらい・・・というカンジのものらしく、 そんなコトをしてもらう必要はない と。。。
今は、みんなで好きなコトをやったり・・・と、いろいろとやり方もあるようなんだと言っても、聞く耳持たず。。。
妹が話し合いをしたトキにケアマネさんから預かったデイサービスの案内の紙も参考に渡したのですが、チラリと目をやったケド、あまりカンシンなさそうで。。。
本人が、そういうところには行きたくないと言っている というので、母にそうなのかと聞くと 行ってみてもいい と。
そうすると 今はみんながいるから、無理してそう言っているんだ。 いなくなったら、やっぱり行きたくないと言い出すに決まっている。 みんなに遠慮して嫌だけど無理しているんだ。 と言い出す始末。
いったい・・・ 普段、誰に遠慮して、本当の気持ちを言えないのか、まったくわかっていない父。。。 フゥ(o´Å`)=з
トニカク、父は自分の生活のペースを乱されたくないのです。
デイサービスに行ったり、ヘルパーさんが家に来る・・・というコトになると、その時間帯の自分の行動の制限がでてきてしまいますよね。
そんなの、ある程度は仕方のないコトだと思うのです。
だけど、その時間帯、例えば自分は散歩に出かけている・・・等、自分の大したことでもない予定でも組み込まれていたりすると、それをちょっとでも変更するのがなぜか父はとてもイヤなようでして。。。
介護をする・・・というのは、ある程度、介護を必要とする者のペースに自分を合わせなきゃできないことだと思うのに、父は自分のペースに介護される側を合わそうとするから、母は利用できるサービスも利用できなくなってしまうし、行動自体も制限されてしまうというのに。。。
それが、母が自分の頭でモノを考え、行動するコトの妨げになっているコトが、まーったく父はわかっていないのです。
できる と本人が言っている料理等の仕事も取り上げ、心配ならそばで付いていてサポートするなりすればいいのに、付きっきりは面倒だから・・・とやらせなくなってしまう。。。
結果、母はできないコトが増えていく・・・
本当に悪循環なんです。
どうにか父から少し、母を引き離さないと・・・
そう思ってのデイサービスやヘルパーさんの利用も、父にはことごとく却下され、挙句の果てには意見するコトが 親に対しての口の利き方じゃない トカ、 散々、親に世話になったくせに、ココで介護もできないのは恩知らずだ トカ、まるで子どものようにまくしたてる父に呆れ。。。 ( ̄_ ̄;)
世話になったからこそ、母の進行を少しでも緩めたくて、言いたくもない意見もしているのに。。。
旦那からも、行政のサービス等の提案をしても「そんなモン、ここではやっていないから」の一点張り。
ホントのトコロ、よく調べていないだけなのは、明白です。
だって、サービスを利用する気なんて、ないんだから。。。
自分の力で何かを調べ、少しでも状況を好転させよう・・・なんて、思ってもいないンだと思います。
本当に、意固地過ぎる父・・・
健康な父の都合に合わせていたら、、介護が後回しになってしまいます。
本当に危機感を感じています・・・
自分のやり方をあくまで崩したくない父。
本当の意味での介護される側の身になった介護なんて、そんな状態の父に任せていたら絶対できないような気がします。
かといって、実家に戻り、母の介護をするというコトも、仕事や家のコト、姫様ズ・・・と考えると、簡単にはいかないでしょうし。。。
どうすればベストな状態でいられるのか、母が過ごしやすくなれるのか??
本当に、問題が複雑で、なかなか結論が出せません。。。
そして、不安ばかりが募ります・・・
結局、4時間近く、お昼も食べないで話し合いしましたが、全く決着せずに解散するコトになってしまいました。
今回の話し合いの意味、何かあったのでしょうか??
この日のために、かなり気合も入れてきたし、どうにか状況の進展ができれば・・・と願ってきたのに。。。
なんか、一気にガクッときちゃいました。。。

先日のがん検診の結果のコトもあり、本当は自分の体のコトも考えなきゃいけない状況ではあるンだケド、今はもう、そんなこと後回しで、どうでもいいような気がしちゃいました(苦笑)
まずは、自分のことよりも、母のコトをどうにかしなきゃ。
気持ちだけ、かなり焦っています。
このまま父の思い通りにさせたくはないのです。
黙って待っていたら、どんどん母の状況は厳しくなっていきます。
正直、春の時点ではそんなに違和感のない状態だったというのに、今や母は、自分の意見や意思をほとんど表すコトがなく、あんなにおしゃべりでお節介な人だったのに、人が変わったかのように静かになってしまいました。
どうにかしなきゃいけません・・・
コチラが本気だというコトを、玉砕覚悟で訴えかけようかと思うぐらい、正直、切羽詰っています・・・ ( ̄_ ̄;)
スポンサーサイト

テーマ:親の老後と介護 - ジャンル:結婚・家庭生活

23 : 35 : 51 | ◎ 日々の戯言 ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「ペコロスの母に会いに行く」 | ホーム | 腹をくくる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://naho0901.blog14.fc2.com/tb.php/2087-b265ed10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |