「ターミネーター 新起動」 & 第57回千葉県吹奏楽コンクール
2015 / 07 / 23 ( Thu )
昨日は、仕事をお休みしちゃいました(笑)
ンで1日、かなりハードに動き回っちゃいました (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

まずは、午前中。
いつも通りに早起きして旦那&姫様ズを送りだし、久々の映画鑑賞にお出かけでっす♪
ココントコ、なんとなーく映画館に足を運ぶのが億劫になってしまい、映画を観に行くことから遠ざかっていたのですが。。。
コリャ、ぜったいハズせないわぁ~! と思って楽しみにしていた「ターミネーター 新起動」をとうとう観に行ってきちゃいました~(笑)

カンタンにストーリーをご紹介しますと。。。
2029年、ロサンゼルス。
人類抵抗軍は敵である機械軍の中枢にとどめを刺そうとしていた。
1997年の“審判の日”に機械軍が放った核ミサイルで30億人もの命が失われて以来、長く苦しかった反撃が遂に終わる。
すべては“預言者”と呼ばれる抵抗軍のリーダー、ジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)の指導の成果だった。
ところがその直前、ジョンを出産する前の母サラ・コナーを抹殺するため、機械軍はターミネーターを1984年に時間転送装置で送り込んでいた。
サラ抹殺を阻止するため、ジョンの右腕カイル・リース(ジェイ・コートニー)が過去への旅を志願する。
1984年に到着した途端、T-1000ターミネーター(イ・ビョンホン)の襲撃を受けるカイル。
その窮地を救ったのは、ただのウェイトレスに過ぎないはずのサラ・コナー(エミリア・クラーク)だった。
歴史は書き換えられ、“2029年から送り込まれたターミネーターは私たちが倒した”と告げるサラ。
彼女が“オジサン”と呼ぶ相棒は、外見は中年男ながら、“スカイネット”が殺人マシンとして量産したT-800ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)だった。
何者かに“サラを守れ”とプログラムされたT-800は、両親を殺された9歳のサラを救って以来、彼女を守りながら女戦士に育て上げたのだ。
T-800の使命は、サラ・コナーを守り抜き、“審判の日”を阻止する事。
そのためには、自我に目覚めて暴走する人工知能“ジェニシス”の起動を何としても止めなければならない。
人類滅亡までのカウントダウンが迫る中、2人の前に立ちはだかる人間でも機械でもない第3の存在。
最新最強のT-3000ターミネーターの正体は……?
そして、人類の救世主は一体誰なのか……?


トニカク、ド迫力の連続で、終始ハラハラドキドキしちゃいました~ (((p(>o<)q))) ギャアアア!!!
実は、あまりにもビックリして、比較的早い場面でついつい「おぉ~っ!!」とビックリの声をあげてしまいました。
ま、大音響に紛れて、周りには迷惑かけていなかったとは思いますが。。。(苦笑)
それにしても・・・思わず声が出ちゃうよーなコトって、ほとんどフツーはないぢゃないですかっ! ←なっぽはほとんどそんなコトありません
そんななっぽが思わず声をあげちゃうンだから、よーっぽどビビったっちゅーコトなんでしょうねぇ~ (^^;;;

ストーリーも、意外な展開にビックリでした~~ w(@@)w
まさか、英雄・ジョンがこうくるか~? という衝撃が、一番デカかったですねぇ~。
逆に いいの? そーいう風にストーリーが進んでっちゃって?? って、落ち着かなかったというのか。。。

久々の映画出演のシュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガー!!
昔の自分、そしてビョン様(イ・ビョンホン)演じる新型ターミネーターとの戦い等、ホントに迫力満点でしたが、さすがにヤッパ、トシ取ったなぁ~って感はありましたね~。
でも、ここまでやってくれちゃって、ホントにすごかったですケドね~!
ラストも相変わらず、まだまだ続きがあるのかな~ってカンジだったし。。。
もし次回作があるとしたら、今度はどんな風にストーリーが展開していくンでしょうかねぇ~??
あるイミ、興味津々ですわぁ~(笑)
そして、シュワちゃんも相変わらずの見事なアクションを披露してくれるンでしょうかねぇ~?
でも、年齢を考えて、あまり無理をしてほしくないとも思っちゃうし。。。 ( ̄~ ̄;)ウーン
それにしても、初めてこのシリーズを観たトキ、ココまでシュワちゃんの代表作になろうとは、思わなかったなぁ~。。。
かなり衝撃的なストーリーだったケド、でも、このターミネーターって作品、シュワちゃん以外ではきっと成立しなかった作品なんでしょうね~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
そしてなっぽ、今作でものすごーく久々に洋画を鑑賞させていただきました。
洋画独特の派手さは、相変わらず健在ですね~ (゜゜)(。。)ウンウン

そして・・・
映画のあとは、いったん自宅に戻り、お昼過ぎから再びお出かけです~ ε≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡ヽ(; ゜〇゜)ノ アウアウ
千葉県文化会館まで出向いてきました。
・・・といっても、今回はなっぽの専売特許(笑)であるライヴ参戦ではありませんよ~~ (* ̄m ̄) ププッ
第57回千葉県吹奏楽コンクールの様子をチラリと観てきちゃいました。
中学校で吹奏楽部に所属するかなっぺがこの日、出場するコトになっていたンですね~。
ホントは旦那が「行こうか」って言ってきたンですよね~。
だから、ムリムリ仕事をお休みしたンです。
そーしたら、直前になって、旦那ったら仕事の都合で休みが取れなくなったって!! (--〆)
致し方なく、なっぽが一人で様子見しにいくコトになったワケなんです。
ホントはもえもえのトキ(もえもえも中学時代は吹奏楽部所属だったンですよね~)にも3年生のトキしか大会って観に行くコトがなかったモノで、なーんかかなっぺだけ2年生のトキから様子見行くっていうコトに不平等性を感じていたンだケド、旦那が行くというので仕事休み取っちゃったからねぇ~ ( ̄~ ̄;)ウーン

かなっぺたちの出番は午後3時半頃とのコトなので、それに間に合うように少し早目に会場入りしました。
ンで、1時間弱ほど、他校の演奏を楽しませていただきました。
やはり、どこの学校も、この日のために一生懸命練習を積んでこられたのでしょうね~。
ホントに見事な演奏を聴かせていただきました (*^^*)
その中でもやっぱり、なっぽ的には選曲があまり地味目なトコロよりか、メリハリのあるモノの方が好みだし、なんとなーく指揮の様子を観ていると、その先生の指導の姿勢が見えてくれというのか。。。
やはり指揮がうまい学校は、演奏も一味もふた味も違うような気がするンですよね~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん

かなっぺの学校ですが、「ん?」と思うほど、選曲も地味なカンジで、なんとなーく単調なカンジでして。。。
なっぽはかなっぺたちの演奏を最後に会場を後にしたのですが、大会終了後、帰宅してきたかなっぺから聞いた戦績は、銀賞
ま、毎度のコトですなぁ~ (;´∀`)
やはり、銀→金の壁って、厚いですねぇ~ ((+_+))
ちなみに選曲は、顧問の先生が選ばれたとのコト。
部員全員、他の曲がやりたいと言ったそうなんだケド、先生の独断で曲が決定したらしいです。
カナもあの曲、キライだよ!」と言っていたので、吹き出しちゃいました~ ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
ま、なかなか自分らが好きな曲を演奏するのも難しいンだろうケド、もう少しみんながナットクできる選曲方法をすればいいのにねぇ~。
どうせ演奏するなら、キライな曲をやるよりも、好きな曲にした方が練習にも力が入るだろうにねぇ~ (゜゜)(。。)ウンウン
ま、かなっぺにはあと1年、ありますからねぇ~。
もえもえも果たせなかった金賞入賞、果たせたらいいですねぇ~。
引退の先輩方、演奏後に泣いていたとのコトですが、ソレって一生懸命がんばったからこそ流せる涙だよね~。
かなっぺも、来年にはそんな風にがんばった自分にナットクできる涙が流さればいいなぁ~って思ったりしているなっぽでありまする~ σ(^-^)
ま、まずはヒトコトかけてあげるとしたら、いったん、お疲れ様!ですよなぁ~、かなっぺには (*^^*)
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

22 : 47 : 55 | ◎ 趣味の宝庫? ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<サマーカーニバル | ホーム | 今年も・・・決起会!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://naho0901.blog14.fc2.com/tb.php/2162-394663fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |