稲垣潤一 「ハコバンライブ2016 ~DANCE MUST GO ON~」
2016 / 02 / 01 ( Mon )
昨日は午前中、かなっぺの吹奏楽個人コンテストがあり、短い時間ですが様子を観に行ってきました~ ヽ(≧▽≦)ノ
コンテストに出るか出ないかかなり迷っていたかなっぺなのですが、 せっかくの機会だから・・・ と背中を押したなっぽ。
以来、本人なりに頑張って練習していたようです。
当日、演奏している姿を客席から観たンだケド、かなり楽しそうにトランペットを吹いていました (^.^)ホッ
かなっぺは、身体全体を使って演奏する・・・ってカンジなので、そう見えたのカモしれませんね~(笑)
トランペット吹きの子守歌」という曲を演奏したのですが、なっぽ的にはグッとくるものがありました。
結果は・・・銅賞だったようですが、なっぽ的には一つの目標に向かって目的を持って練習に励むというコトの大切さをかなっぺも少しは感じるコトができたんじゃないかと思うので、コンテストに参加させていただいてよかったンじゃないかと思います。
それこそもえもえは、ぜーったい参加しなかったからねぇ~ ( ̄~ ̄;)ウーン
結果が全ての世界なのでしょうが、経験から学ぶこともあると思うので。。。
いい経験、させていただいたと思います。
まずはお疲れ様です、かなっぺ♪ (^_-)-☆バチッ


さてさて・・・
実はなっぽ家では1/29の金曜日の晩から、もえもえが「胃がムカムカする~」と言い出し、翌日に医者通いする・・・という事態に陥っておりました~ (;_;)
医者を受診する際、熱も38.6℃と高かったモノで、ドキリとしていたのですが、胃腸炎というコトで胃と腸の調子を整える薬と解熱剤をいただいてきました。
今日は大事をとって、学校を休んだもえもえなのですが、明日からは復活できそうですね~ (^.^)ホッ
ひとまず、ヤレヤレです ┐(´д`)┌ヤレヤレ

そんな状況の中、かなっぺのコンテスト参加があり、さらには実は昨日、なっぽは↑のハコバンライブ2016 ~DANCE MUST GO ON~に参戦してきました~。
まさに、強行突破!!
自分の体調も万全でない状態だったので・・・ね~~(苦笑)
でも、先月半ばの山崎まさよしさんのライヴをポシャっちゃったコトも引きずってまして~、どうしても今回はライヴ参戦したかったンです!
しかも、抽選でゲットしたイナガキのハコバンライブだよ~~!! (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
入場の整理番号だって、なんと・・・4番という快挙!
こりゃ、よっぽどのコトがない限り、行くっきゃないでしょぉ~!! ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん

会場は、横浜・関内の駅前にあるハート&ソウル
今回のライヴは2部制になっていまして、なっぽは16時開演の1部の方のみ参戦してきました★
ハコバンライブ、なっぽは3回目の参戦であります~~ (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

15時半開場というコトで、その少し前に会場入りし、入場を待つ列に並び込みました。
列に並ぶ前に、限定Tシャツをゲット★
なんと3度目のライヴ参戦にして、初めてTシャツを購入するコトができました。
今までは数量限定というコトに加え、ギリギリの会場入りをしていたモノで、Tシャツ、いつも完売だったンですよね~。
しかも、枚数も制限がなかったモノで、早く来た人が一人で何枚か購入するってコトもあったようなんですね~。
今回は、一人1枚という枚数制限を設けていたので、どーにかなっぽでもゲットするコトができたみたい (^.^)ホッ
それでも、なっぽのあとに買おうとしたヒトたちは、サイズなんかも選べない状態だったようだけどね~。。。
このTシャツ、ライヴの際、メンバーはモチロンみんな着用しているモノなんですよ~♪
わあぃ、メンバーとおそろだよぉ~~ きゃっきゃo(^-^ )o( ^-^)oきゃっきゃ

P2010119.jpg


かなり長い時間並び、どーにか開場し、ドリンクチケットの引き換えをして着席~★
コチラ、入場番号順に着席していくンだケド、ソファー席にかなりギチギチに人を入れていくので、入場が早いとはいえなっぽはステージ最前列ではあれど端っこの方に座ることになってしまいました。
まぁ、それでもそれなりにステージ上はよく見えましたが。。。

肝心のライヴの方は・・・といいますと、なっぽ、3回のハコバンライヴを経験していますが、今回が一番、盛り上がりがよかったですね~~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
タイトルに DANCE MUST GO ON とある通り、1ステージが3部編成になっていたのですが(合間にその時代の背景や音楽についてのトークが入ります)、3部目はステージ前の狭~いスペースがディスコのお立ち台のよーな状態に!!
ぜひ、前に出て踊って下さい~」みたいにイナガキが言い出し、会場内はほぼ総立ちで、なっぽも狭いスペースながら手拍子しながら楽しくノリノリして参りました~~(笑)
ホント、体調不良も吹き飛びそうなカンジでしたよ~~ ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
70年代のディスコの雰囲気っていうのは、ちと年代が違うのでイマイチわからない部分もあるのですが、それでも楽しそうにゴーゴーダンスもどきを踊ったりしている人を見ているだけでも、なーんかコッチも愉快な気分になっちゃう・・・というのか。。。
ホント、今年初ライヴ参戦でしたが、イナガキでいいスタートを切れたような気がします (*^^*)

またハコバンライブの開催、きっとありそうな予感♪
あまり洋楽に詳しくないなっぽですが、それでもイナガキが唄う楽曲、そしていつものライヴとは一味も二味も雰囲気が違う点、そしてなんといってもドラムを叩きまくっている姿を終始、観られるというコトは、ホントにおいしいライヴとしか言いようがありませんね~、叩き語りしてる姿が好きなファンとしては!! (*^^*)
また次回も参戦できるコトを期待して。。。♪

男と女5 -TWO HEARTS TWO VOICES- [ 稲垣潤一 ]

男と女5 -TWO HEARTS TWO VOICES- [ 稲垣潤一 ]
価格:3,240円(税込、送料込)


かだっぱり [ 稲垣潤一 ]

かだっぱり [ 稲垣潤一 ]
価格:1,620円(税込、送料込)




昨日は朝から、カタチは違うけれど音楽というモノにビッチリ関わった一日になったなぁ~・・・と改めて思ったりしマス。
その上でなっぽが感じたコトは、音楽をはじめとして芸術の世界って、評価する人の感性によっていろいろな感じ方があるモノなんだということ。 当たり前のコトなんだケド、人それぞれの感じ方で結果はまちまちなんですよね~ (゜゜)(。。)ウンウン
ソロコンでかなっぺの審査をした方たちにとっては、その演奏はつたなく、定められた基準よりは低い技量だったのかもしれません。
でも、なっぽにとっては楽しそうに演奏するかなっぺの姿、そして軽やかな奏法は心にとても響くモノがありました。
大きなステージに一人立ち、懸命にトランペットを吹く姿はなかなか堂に入っているように感じました(笑)
本人が演奏が終わって会ったトキ、「思ったより緊張しなかった・・・」と言っていたのにも、意外に度胸が据わっていて勇ましかったし。。。 (* ̄m ̄) ププッ

イナガキの演奏も、そう。
通常のライヴとは違う、Tシャツにジーパン、メガネというラフスタイルなんだケド、仲間と作りだす音楽の世界観が一味も二味も違うモノに感じられるのです。
いつものライヴが仕事であるなら、ハコバンライブは好きな音楽をとことん楽しむというキモチがひしひしとコチラ側に伝わってくるようなモノ。
イナガキが、メンバーたちと楽しそうに当時のハナシをしたり、演奏している風景は、好きなコトを楽しんでいる雰囲気がいっぱい溢れていて、観ていて心地によいンですよね~。
よくよく考えてみればなっぽ、他のアーティストでも、やはり楽しそうにプレイしているアーティストのライヴを観ているトキの方が、満足感が大きいコトに気が付きました。
きっと、なっぽにとっては音楽って、まずは演ってるヒトが思いっきり楽しみ、その雰囲気を感じてコチラもうれしくなったり楽しくなったり・・・そしてパワーを分けてもらう。。。
そんな部分を持っているアーティストに、心が強く揺さぶられ、惹かれるのだというコトに改めて気付かされた昨日のデキゴトでした (⌒_⌒)ニコ

今年もイッパイ、いい音楽に触れる機会に恵まれますように。。。 (^_-)-☆バチッ
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

23 : 55 : 01 | ◎ 趣味の宝庫? ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<図書館で借りた本♪ | ホーム | 「オデッセイ」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://naho0901.blog14.fc2.com/tb.php/2232-eda9d024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |