「スイス・アーミー・マン」
2017 / 11 / 02 ( Thu )
昨日は映画の日ってコトで急遽、仕事から速攻ダッシュで帰宅し、夕飯の支度を慌てて済ませてから幕張まで映画鑑賞に出かけてきました~ (* ̄∇ ̄*)エヘヘ
観てきたのは、↑の「スイス・アーミー・マン」!
なっぽ家の辺りだと、幕張でしか上映はしていなく、しかもたった2週間ぽっちの上映のようでして。。。
今のタイミングですら一日2回の上映だったモンで、 コリャ、来週になったら一日1回上映トカになっちゃったりしてぇ~? と思い、大慌てで鑑賞しに行くコトにしたのです。
主演は、ハリー・ポッターシリーズでお馴染みのダニエル・ラドクリフ
ハリーにはまーったく興味なく、実は旅行のバスの中で1作品を観ただけのなっぽなのですが、今作、ダニエルがなんとなんとの死体役を演じているというコトで、ものすごーく気になっちゃって。。。
どんな作品なのか、興味津々で鑑賞してきました(笑)

カンタンにストーリーをご紹介しますと。。。
孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)は無人島で助けを求めていた。
しかし、いくら待てども助けは来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたそのとき、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。
その死体からはガスが出ており、浮力を持っていた。
その力は次第に強まり、死体は勢いよく沖へと動き出す。
ハンクが意を決してその死体にまたがると、ジェットスキーのように発進する。
死体の男の名前はメニーで、彼は十徳ナイフのような万能性を備えていた。
こうして、青年と死体の過酷で奇想天外な旅が始まる・・・。


なんともまぁ~・・・摩訶不思議な作品でしたねぇ~(笑)
死体のメニー役のダニエルくん、まさにこの作品で新境地を開いたってカンジ? (* ̄m ̄) ププッ
ただただ、 スゲーッ!! のヒトコトしかありません!!
ちとお下劣な部分もありますが、な~んかミョーにそんな部分もハマっていたりしてぇ~ ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
冒険?を通じて芽生える二人の友情にただただ乾杯ですね♪
トニカク、今まで観たこともないような作品であることは間違いないです。
そして、想像もつかない世界観が溢れています。
興味がある方は、ぜひぜひ劇場にお急ぎください~ ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ


スポンサーサイト

テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画

23 : 56 : 05 | ◎ 趣味の宝庫? ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<カレンダーからのメッセージ | ホーム | リーチ!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://naho0901.blog14.fc2.com/tb.php/2493-b2608994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |