fc2ブログ
図書館で借りた本♪
2022 / 02 / 27 ( Sun )
図書館で借りていた本を、ようやく昨日読破しました~ C= (-。- ) フゥッ
お借りしていた本は、コチラ ↓
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポルシェ太郎 [ 羽田 圭介 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/2/27時点)



 


 「ポルシェ太郎

新刊が出ると、なんとなーく読んでしまう羽田圭介先生の作品なんだけど、最近ちょっとご無沙汰してました~ (;^ω^)
図書館で見つけて、お借りしてきました(苦笑)

羽田先生の描く作品の主人公、どうもなっぽ、あまり好きじゃありません~ (;´∀`)
なんだかさぁ~・・・理屈っぽいっていうのか、卑屈なカンジというのか。。。
ちょっとひねくれた雰囲気がプンプンしていて、まーったく共感できないンですよね~。
だけど、なんだか読んでしまう(笑)
いったい何なんでしょうねぇ~?
そして、だいたいどの作品も、最後の最後に思いがけない展開が待っていたりするのです。
今回もそう。
そしてその辺りから、ぐーっとスピード感が増し、オモシロくなるんだよねぇ~ (((uдu*)ゥンゥン

ポルシェという一台の車を購入し、それにより車に見合う生活をしようと更なる上昇を模索していくンだけど。。。
そのために、ちょっとアヤシイ道に片足踏み入れちゃったりもするのですが、結局は何が本当に大切なのか、守るべきものは何なのか・・・それに気づき、堅実な生き方を選んでいく・・・というようなオハナシ。
身の丈にあった暮らしぶりを手にし、いつか地道にコツコツがんばって再びポルシェを手にしたいと願う太郎。
だけど、そのトキがきたら、本当に自分はポルシェを欲しているのだろうか・・・と自問したりもするのですが、そのキモチ、なんとなーくなっぽもわかるような気がしちゃいました。
憧れであり、実際は手にできない遠いモノってあったりするモンですよね!
だけどいつか再起し、ポルシェを手にできればいいなぁ~ってついつい思わされちゃうラストシーンの余韻が印象的デシタ。

 (内容紹介) 芥川賞作家×ハードボイルド。 35歳。起業してポルシェを購入。 太郎が愛車で向かう先は、欲望か、死か?
スポンサーサイト



テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

23 : 42 : 29 | ◎ 趣味の宝庫? ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<崎谷健次郎 「TIME TO START」 | ホーム | グラタン~~っ!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://naho0901.blog14.fc2.com/tb.php/3087-f641e335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |