「タイヨウのうた」
2006 / 06 / 29 ( Thu )
昨日は、久々に仕事をお休みした♪
・・・というのも、有給が結構溜まってきていたし、先週末に実家入りして無駄な疲れが溜まっちゃったみたいなので、ストレス解消&息抜きを兼ねて思い切って休んじゃったのだ(笑)
ホントは仕事もまたまた忙しくなりつつあり、そんなコトしてる場合じゃなかったンだけどね~~。。。
ま、生活にメリハリ! ってコトで (* ̄m ̄) ププッ

ンで、昨日は映画鑑賞してきちゃいましたぁ~ ヽ(≧▽≦)ノ
観てきたのは、↑の「タイヨウのうた」。
シンガーソングライター・YUIが初めて映画の主演を果たした作品で、その相手役は人気若手俳優の塚本高史さんが演じるというコトで、公開前からかなり注目されていた作品だよねーっ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
実はなっぽも、試写会に当選していたモノの、かなっぺの発熱と仕事のドタバタのため、参加できずじまいでして~~ ( ̄~ ̄;)ウーン
ま、いつもたいてい、試写会に当選しても、こんな状態で参加できずじまいのコトが多々あります・・・
最近では、「デイジー」も「ガメラ」もそうだったし。。。 (T_T)

初めはそんなに興味がなかったモノで、試写会に参加できなくても いっかぁ~。。。 と思っていたりもしたンだけど、映画館で何度も予告編を目にするウチに、 やっぱ、ちょっと観にいってみる? なーんて気が変わってきた σ(*´∀`*)えへへ
ンで、昨日、とうとう観に行ってきちゃったよぉ~~★

カンタンにストーリーをご紹介しますと。。。
太陽の光にあたれない難病XP(色素性乾皮症)の少女・雨音薫(YUI)は16歳。
昼間の高校に通えない薫は、夜になると駅前広場に出てギターの弾き語りをしている。
そんな彼女にとって、早朝にサーフボードを持ってたたずむ1人の少年を、部屋の窓から眺めることが密かな楽しみだった。
夏休みを間近に控えたある日、夜の街で少年と遭遇した薫は、勇気を振り絞って彼に声をかける。
薫と少年・孝治(塚本高史)はやがて親しくなり、月の下でデートをするようになるが・・・。


薫役に、シンガーであるYUIを抜擢したのは、正解だよなぁ~・・・って思わずウナズキ!! ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
元々、YUIって力いっぱい、顔をクシャクシャにしながら一生懸命に歌うカンジのシンガーだったよね。
だから歌っているシーンが演技とは思えないンだけど、それでも懸命に生きる薫が歌にキモチをイッパイに込めているっていうのが、歌うシーンからヒシヒシと伝わってきて、思わずジーンとするコト数回。
透明感のある歌声にすっかり魅了されてしまった。。。
孝治が薫の歌う姿を見て、彼女に惹かれていくキモチが、とってもよくわかるよ~~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
大勢の人々に囲まれても、ぜーんぜん物怖じもせず、気持ちよさそうに自分の作った曲を歌っている姿をあんな風に目の当たりにしたら。。。
カッコイイなぁ~ って思わずにはいられないだろうよねぇ~。 女のなっぽだって、ホント、そう思ったモン!! ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
そんなシーンをさりげなく演出できちゃうトコロは、やっぱりシンガーであるYUIがハマリ役だと思わされちゃう大きなポイントだったような気がする ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん

そして、バカだけど、純粋に薫のコトを思い、彼女のために彼女が喜ぶ何かをしようとがんばる孝治にすがすがしさを感じた。
恐らく薫は、自分にとって手が届かないタイヨウの香りがする孝治だからこそ、惹かれたのかもしれませんね~。
塚本クンも、少し前に観た「富嶽百景」より、こーいう少しコミカルなカンジの役の方がハマリ役ですね~。
安心して観ていられるカンジです (* ̄m ̄) ププッ
憎めないカワイラシイキャラというか。。。

そして、主演のお二人、実年齢より若いキャラを演じていますが、意外に違和感なく、シックリきていたのにも、ビックリでしたね~~ (*^^*)

ストーリーは少し単調で、先が読めちゃうトコロがあったケド、それでも薫の横浜の夜景をバックにしたストリートライヴシーンは必見だし、シンプルだからこそ心にズシンと響くメッセージがあったような気がする。。。
短くても生きて生きて生き抜いた薫、そして、何もやりたいコトが見つからず、目標も持たなかった孝治。。。
だけど、きっと彼は、薫の生き様から何かを感じ、そして薫の分までも地に足をつけて、しっかり歩いていくことでしょうね。。。

薫の両親役の岸谷五朗さんと麻木久仁子さんもよかった~~!!
特に、娘を思う父心には、ジーンとくるものがありますね~~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん

ラストに流れる、「Good-bye days」、ホントに心にしみわたります。。。
ただ、イッパイのひまわりの中に埋もれた薫のシーン。。。
あのシーンは、なっぽ的にはいらなかったような気がするなぁ~。。。
突然、現実を突きつけられたような気がしたし。。。
なんか、好きじゃないシーンでしたね ( ̄~ ̄;)ウーン

なっぽと一緒に鑑賞していたヒトは、約20名程度だったケド、観終わったあと、鼻をすする音が結構聞こえましたね~~。
なっぽはソコまでではありませんでしたが。。。 (^^;

ただ、XPという病気。
以前、テレビでも小さな3人の兄妹がXPだというご家族のドキュメンタリーを観たことがあったケド、なっぽ的な認識としては、紫外線に当たらなければ死ぬことはないと、勝手な解釈をしていた。
年齢を追うごとに、神経障害が出てくるんですね~。。。
治療方法がなく、しかも人によって様々な症状があるというコトも、この作品によって改めて知った。
早く効果的な治療方法が見つかり、また人々の意識の中にこの病気についての認識が増え、そして、何かしら支援できるような世の中になればいいのだけど。。。
・・・そう願わずにはいられませんね。。。

7月から、テレビドラマでもこの「タイヨウのうた」が登場するようだケド、薫役の沢尻エリカちゃん、演技はまず間違いないンだろうケド、歌の方はどうなんだろ?? (゜へ゜)
歌で結構、心に訴えかけてくるようなトコロがあったように感じたので、歌がダメなら、ちょっと苦しいような気がするケドな~~。
ドラマはどんな風になるのか、ちと楽しみだな。。。

絶賛上映中です♪
興味のおありの方は、劇場に足を運んでみてくださいね~。
なんだか、カップルだと一人1000円で鑑賞できるキャンペーンをやっているらしいですよ!
お得だぁ~~ \(◇^\)(/^◇)/
この機会に、ぜひ♪

別の視点から追いかけたもうひとつの愛の物語・・・タイヨウのうた ~LIVE LIFE L【趣味】 ...

YUI for 雨音薫 Good-bye days-CD-

【送料無料】サントラ/「タイヨウのうた」オリジナル・サウンドトラック

タイヨウのうた×YUIと薫のうた【REDV-458】=>タイヨウのうた×YUIと薫のうた

タイヨウのうた

タイヨウのうた

タイヨウのうたinvitation book

YUI in“A Song to the Sun“Good-bye days
スポンサーサイト

テーマ:タイヨウのうた - ジャンル:映画

22 : 23 : 45 | ◎ 趣味の宝庫? ◎ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<太極拳のレッスン | ホーム | 「佐賀のがばいばあちゃん」(BlogPet)>>
コメント
--きのう、沢尻でう--

きのう、沢尻でうたとか解釈した。
そしてきょうなっぽの、色素に解消したかもー。
そして横浜まで方法ビックリした。
しかもきょうぱんこがなっぽとデートされた。
by: BlogPetのぱんこ * 2006/07/01 14:53 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://naho0901.blog14.fc2.com/tb.php/310-7655d430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |