「DEATH NOTE デスノート the Last name」
2006 / 11 / 05 ( Sun )
ついに観てきちゃいましたよぉ~!! ヽ(≧▽≦)ノ
昨日の太極拳のレッスンのあと、恒例の映画鑑賞会と題して(笑)、一昨日から公開がスタートされたばかりの↑「DEATH NOTE デスノート the Last name」観てきちゃいましたぁ~★

カンタンにストーリーをご紹介しますと。。。
死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生・夜神月(藤原竜也)だった。
刑事局長を父に持ち、強い正義感に貫かれた月は、ノートを使って凶悪犯を粛清し、自らの手で理想の世界を創りあげようと決意する。
人々の間でささやかれ始めた救世主「キラ」の存在。
一方、一連の「キラ事件」を解明するためにICPO(インターポール)が送りこんできたもうひとりの天才・通称L(松山ケンイチ)。
神がかり的な推理力でキラの正体に迫ろうとするLに対し、知略を尽くして捜査網から逃れようとする月。
そして、2冊目のノートが舞い降りる。
そして、そのノートを拾った「第二のキラ」が、キラへの接触を図ろうとしていた。。。


正直、前編を見終わったあと、そんなにも作品自体に惹かれる部分がなかったモンで(モチロン、ハラハラ&ワクワク感はそれなりにありましたが)、後編、どうしよっかなぁ~? って考えていたンだけど、前編観ちゃったからねぇ~。。。(苦笑)
ヤッパ、結末が気になったモンで、何本か観たい作品があったモノの、ちょうど太極拳のレッスンの終わりの時間と上映時間が合うものがコレしかなかったモノで、早々に鑑賞してきたンだけど。。。
・・・が!! これはなかなか!! なっぽ的には、前編より一層スリリングで、月とLの頭脳戦、それに海砂(戸田恵梨香)や清美(片瀬那奈)が絡んできて。。。
原作を読んでいないのもあって、先の展開が読めず、かなりワクワク感があり、楽しめましたね~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
最後に誰が、誰の名前をデスノートに書き込むのか。。。
ラストまで目が離せない展開になっています~ (*^^*)

藤原竜也さんの演技はモチロンよかったンだけど、やっぱり何といってもL役の松山ケンイチさん!! 彼のあの独特な雰囲気、そして最後の最後までLとして飄々としている姿は、なんか・・・ものすごーく惹かれるトコロがありますねぇ~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
それでいて、月の大学にひょっとこのお面持参で突然、現れたり~~ ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
あのシーン、劇場内は大爆笑でしたよ~~(爆)
ミサミサの戸田恵梨香チャンもかわいかったし、片瀬那奈さんも大化けだよぉ~~ ヽ(@@)ノ キッチリ悪役も演じちゃうなんて!! w(@@)w サスガ、ただのキレイなお姉さんだけじゃありませんね~(笑)

トニカク、役者さん全てがとても素晴らしく、140分の上映時間にも関わらず、あまり長さを感じなかった。
前編を観て、いまひとつと思った方も、後編を観てから全ての判断を下しても、遅くないと思いますよ~。
予想できない展開、そして二人の天才の頭脳戦、かなり見応えあるハズですから。。。

午後3時過ぎからの上映回を鑑賞したンだけど、その回のチケットを2時間以上前(太極拳レッスンの始まる前)に購入したというのに、購入時には観やすい座席はほとんど売り切れており、前面や壁際の席のみしか空席がない状態!!
レッスンが終わって、慌てて劇場に飛び込んだンだけど、そのトキはほぼ満席状態という盛況ぶり!!
かなり注目度が高い、人気作品のようですね~。
前編は、公開初日に観たンだけど、ココまでではなかったような気がする。。。
やはり、公開前にテレビで前編の放映をした効果なのだろうか?? ( ̄~ ̄;)ウーン

そして、若年層のお客の姿が目立っていたけれど、小学生らしき子供が意外に多いことにビックリした w(@@)w
正直、内容、理解できるのかなぁ~?って。。。(苦笑)
マンガが原作とはいえ、なかなか入り組んだストーリーだもんねぇ~。。。
連休中というのもあるのか、家族と連れ立って観に来ている子供たちがかなりいたようですね~。
今のコドモタチって、こーいうのもフツーに観るんだぁ~。 時代も変わったなぁ~。。。
そんな風に、ちと思ったりしました(笑)

大ヒット上映中のこの作品、チェックして損はないと思いますよ~ (^_-)-☆バチッ

【デスノート】テトラコレクション デスノートワールドアイテムズ マスコット

【2006年9月発売予定】テトラコレクション デスノート ワールドアイテムズ:BOX【バンプレスト】

DEATH NOTE HOW TO READ

10円から10点♪今話題のデスノート♪決して名前を書かないでください・・・・・!

〔送料無料キャンペーン中〕「デスノート the Last name」オリジナル・サウンドトラック SOUND ...

鏡のチェスブルー&クリアーCX-B

映画版デスノートでも使用されていた電話機!!送料無料 amadanaアマダナ電話機/留守録付き/ブラック

〔送料無料〕「DEATH NOTE(デスノート)」全12巻+「DEATH NOTE HOW TO READ 13 初回限定生産特...

DEATH NOTE DEAD OR ALIVE~映画「デスノート」をアシストする特別DVD~


帰宅して深夜、今日の正午までGyaoで配信していた「アイコ十六歳を観た。
青春ってカンジが正面から伝わってくるような作品で、トニカク主演の富田靖子さんを初めとして、松下由樹さん、若いぃ~~!! 初々しいぃ~~~!!! ヽ(≧▽≦)ノ
相反するジャンルの作品を2本も鑑賞したなっぽでありました~(笑)

三田アイコ(富田靖子)は名古屋市内の県立高校に通う一年生。
一学期の終了式の日の朝、いつものように屋根の上でポケッと夢見ていたアイコは母親におこられ、急いで学校へ出かけた。
通知表をもらっての帰り道、アイコは中学時代につきあっていたあいつが女の子と一緒にいるのを見かけた。 中学卒業以来、彼とは顔もあわせていないが気にはかかっている。
夏休み、アイコは弓道部の合宿に出かけた。
合宿でも同じクラスのかわいこブリッコの花岡紅子(河合美佐)が、男子やキャプテンに媚をうり、アイコたちの悪口総攻撃にあっている。
合宿から帰ったアイコは、親友のゴンベに呼び出されあいつが暴走族に入ったことを聞かされる。
2学期が始まり、アイコのクラスに生物担当の島崎愛子先生(紺野美沙子)が着任。
彼女は全国大会入賞の経験もある弓道の選手だった。
授業中にも生きることについて熱心に説いてくれる先生にアイコはぞっこん。
ある日、弓道場の清掃のことで紅子と衝突したアイコは、母親に「死にとうなったわ」と告げ手首を切る。
翌朝、アイコは早朝練習に弓道場へ出かけ、そこでひとり弓をうつ島崎先生を目撃した。
数日後、島崎先生の自殺未遂の報告が届く。
しかも先生は妊娠中だったという噂にクラス中大騒ぎ。
その中、アイコは皆にむかって自分の胸の内を泣きながら訴える。
話終わった後、紅子の拍手が聞こえてきた。
病院に島崎先生を見舞ったアイコはそこで紅子に会う。
二人で帰る途中、暴走族の群れにぶつかり、その中の一人がパトカーを飛びこえようとして失敗し命を失ったのを見たアイコは、それがあいつのような気がして、錯乱して家に帰った。
翌朝、学校を休んで屋根の上にいるアイコのところへ、ゴンベたちがやってきた。
そして、アイコはくよくよせず頑張って生きていこうと思うのだった。。。


アイコ十六歳(DVD) ◆20%OFF!
スポンサーサイト

テーマ:DEATH NOTE the Last name - ジャンル:映画

00 : 40 : 55 | ◎ 趣味の宝庫? ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<三連休 | ホーム | 風味堂ライブ2006 「現地集合・現地解散TOUR」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://naho0901.blog14.fc2.com/tb.php/408-883d6bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |