「幸福な食卓」
2006 / 12 / 26 ( Tue )
一昨日のクリスマスイヴの晩、実家から戻ってきて一息ついたあとに運よくYahooのオンライン試写会に当選していたモンで、↑の「幸福な食卓」を自宅のパソコンで鑑賞した♪
劇場の予告編で何度か目にした作品だ。
 「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」
突然、このセリフで始まる予告がとても印象的だった。。。

カンタンにストーリーをご紹介しますと。。。
「父さんは、今日で父さんを辞めようと思う」―――。
始業式の朝、家族の食卓で、突然「父さん(羽場裕一)」が口にした意外な一言。
佐和子(北乃きい)の中学校生活最後の1年は、こうして始まります。
中原家は、教師の「父さん」、専業主婦の「母さん(石田ゆり子)」、兄の「直ちゃん(平岡祐太)」、佐和子の4人家族。
これといって深刻な問題はないけれど、お互いが何か“言いたいこと”を抱えたときは、必ず四人が顔を揃える毎朝の食卓の場で伝え合う……そんなささやかなルールを大切にしてきた家族でした。
だが3年前のある日、突然訪れた「父さん」の心の崩壊。
その日から、佐和子の家族の歯車が少しづつ狂い始めたのです。
成績はいつも学校で一番だった「直ちゃん」は大学進学を辞めて農業をやり、「母さん」は家を出て一人暮らしを始めます。
それでも「父さん」と「母さん」は日々連絡を取り合っているし、毎朝の食卓は健在。
そんな危ういながらも淡々と続く家族の日常に、新たな波紋を投げかけた「父さん」の一言。
いったい、どうなってしまうんだろう?
高校受験を前に小さな心を揺らすそんな佐和子の前に現れる転校生、『大浦くん(勝地涼)』。
彼の存在は佐和子にとって次第に大きなものになって行くのですが―――。
崩壊した家族を健気に支えてきた佐和子の身に起こる突然の悲劇。
しかし皮肉にもその悲劇により、家族は再生への道を歩み始めるのでした・・・。


瀬尾まいこさんの小説を映画化したモノなんだケド、実はなっぽ、小説自体は未読だったします(苦笑)
だけど、作品の中にスッと入りこんでいけて、なんだか心地いい余韻が残る作品でしたね~ (*^^*)

北乃きいちゃん、以前、やはりYahooオンライン試写会で観た「ユビサキから世界を」にも出演していたのを観たケド、なんだか今回の佐和子役の方がシックリくるというか、自然体でよかったですね~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
とてもかわいらしかったし。。。

そして、何といってもこの作品でクローズアップされるのは、大浦勉学役の勝地涼クンでしょう~ ヽ(≧▽≦)ノ
亡国のイージス」や「この胸いっぱいの愛を」でもお馴染みの彼だけど、今回の役どころは今まで観た彼の役とはちょっと違い、明るく前向きで元気をいっぱい持った少年の役。
こんな男の子がそばにいたら、きっと毎日が楽しいだろうなぁ~ なーんてついつい思ってしまった(笑)

ちょっぴりフツーとは違う家族関係の中で生活している佐和子と、偶然、転校してきた勉学は隣同士の席になる。
佐和子の兄が伝説の天才だったと知り、佐和子のコトを勉強のライバルだと宣言する勉学なんだケド、実は佐和子は勉学が思っているほど優秀ではなかった。。。(笑)
だけど、どこかウマが合ったんでしょうね~。
二人はいつも何かにつけてつるむようになり、共に志望校合格を目指すようになる。
そして、時には凹んだ佐和子にさりげなく助け舟を出してくれる優しさを持っている勉学。。。
彼と過ごした時間は短くても、それでも佐和子にとってはとてもとても意味のある大きな出会いだったコトには間違いない。
こんな風に、ふとしたきっかけで人生において大切な出会いをするコトって意外に多いような気がする。
切磋琢磨して成長していく二人をスクリーンを通して見つめながら、なっぽもそんな風なちょっとした出会いを大切に、これからも毎日を過ごしていきたいと思った。

そしてさくらさんゆるゆる~なカンジもまたいい雰囲気をかもし出していましたねぇ~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
恋人や友だちはどうにでもなる。 努力次第で。 だけど家族はそうはいかない。 家族は作るのは大変だけど、その分、滅多になくならないからさ。」という彼女が演じたヨシコの言うコトは、確かに一理ある。
だからこそ、家族って特別なものなんだろうケド、それだけに家族って厄介なものなのかもしれない。。。
いい加減そうで、実のトコロは周りのコトをよく観察しているヨシコ。
そっけない素振りを見せても、佐和子のコトを心配してくれている優しさがとてもステキな女性に映った。

主題歌がミスチルの「くるみ」なんだケド、ラストに流れるこの曲と、ひたすら歩き続ける佐和子の姿がとてもすがすがしく、そして未来への希望を感じさせてくれて、とてもいい。
ピッタリ合っているカンジ。
過去のツライ経験から一歩を踏み出す様子が曲からも佐和子の表情からもとても感じられ、優しいキモチになれるラストシーンになっています。
今年最後に公開が楽しみだなぁ~って思える作品に出会えたような気がして、とってもトクした気分になりましたっ (*^^*)
2007年1月27日 全国ロードショーが決定しております★
ぜひぜひ劇場に足を運んで、みずみずしくて傷つきやすい青春時代をもう一度、思い出しながら、作品の世界にタイムスリップしてみませんか?
オススメ作品ですよ (^_-)-☆バチッ





スポンサーサイト

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

21 : 24 : 24 | ◎ 趣味の宝庫? ◎ | トラックバック(1) | コメント(1) | page top
<<ショックゥ~~~ ガ━━━(゜ロ゜;)━━ン!! | ホーム | 今年のクリスマスッ♪>>
コメント
----

こんなキャンペーンもやってましたよ!
http://registration.yahoo.co.jp/wom/ko-fuku/
by: DD * 2006/12/27 09:47 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://naho0901.blog14.fc2.com/tb.php/447-f4b5c29c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
YouTube日刊動画あのミスチルMr.Childrenが000
YouTube日刊動画あのミスチルMr.Childrenが000
[2006/12/27 18:46] YouTube日刊動画芸能界の000
| ホーム |