町文化祭 & 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
2007 / 11 / 04 ( Sun )
一昨日のコトであります。。。

 萌子さんの作品が町文化祭に展示してありますので、是非ご覧ください。

このようなお便りを、もえもえが学校から持ち帰ってきた。
・・・ので、昨日は急遽、午前中は町文化祭に出かけてきましたぁ~ (ノ~ ▽~)ノ

この町文化祭というのは、どんなモノかというと、町内のサークル(書道やいけばななどの工芸関係のモノ)や教室の作品や保育所、幼稚園、小・中学校の作品の展示を体育館でしたり、やはり町内のサークルの活動(踊りやカラオケの同好会など)をステージ上で発表したりと、年に1回、この時期に行われている行事なんですね~。
実は、もえもえの連絡の前に、保育所から かなっぺたち年長サンの絵の展示がしてある という連絡を受けていたンだケド、 年長サン全員の絵が展示されているのをわざわざ見に行くのもなぁ~~ と思い、パスしようかと秘かに思っていたンだケド、もえもえのまでも展示されるというンじゃ(しかも、もえもえの方は選ばれたヒトのものしか展示されないンです)、 せっかくだから行こうか~ ってな風にキモチがコロリと変わり、急遽、お出かけするコトになったンです!
実は、去年ももえもえが硬筆で文化祭に展示されていたンだよね~~★
ンで、ソレを見に行った帰りに、一時停止違反とやらで(完全な濡れ衣だケド。。。)、オマワリに捕まり、キップを切られたんだった。。。
嗚呼・・・一年前の苦々しい思い出が蘇るわぁぁぁぁ~ (((p(>o<)q))) ギャアアア!!!
・・・と、ハナシが脱線しちゃったケド、昨日の朝、義母を誘ってみたら、二つ返事で 行く! と。
そんなんで、旦那に姫様ズ、義母になっぽ・・・と、義父は不参加だったケド、なっぽ家ほぼ総出状態で文化祭に乗り込んできたワケです~~ (* ̄m ̄) ププッ

生け花やパンの花、書道やパッチワークと様々に作品が展示されていて、一つ一つをカンシンしながら端から端まで見て回った。
ホント、展示されるだけあって、どれも上手だったらありゃしない~~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
絵手紙なんて、ホントにかわいらしいの~~。
こんな手書きのステキな絵手紙をもらったら、きっと宝物にしちゃうでしょうね~~ ヽ(≧▽≦)ノ

そんなステキな作品たちに囲まれて、我が家の姫様ズ=もえもえ&かなっぺの作品も展示されていました~~ σ(*´∀`*)えへへ
もえもえの方は、夏休みの宿題で作ったペットボトルロケット。
そーいえば、作品の返却がないと思っていたら、こんなトコロで使われることになろうとは。。。
ちょっとビックリでしたね~~(苦笑)

ホントは、絵の方も展示しようと先生が思っていたとのコトなのですが、そーすると2点の出展になってしまうモノで、ロケットのみにして、絵の方の展示の枠には別の子を入れたというコトです。
なっぽ的には・・・絵の方を展示してもらいたかったかもぁ~~ (^^;
ま、先生の判断だから、しょうがないケドさぁ~~。。。

PB040076.jpg

↑ 展示してあったペットボトルロケットと記念撮影のもえもえ♪


かなっぺの方は、絵の展示で、コレは各自、好きなモノを描いていたみたい。。。
かなっぺの描いたモノのタイトルは、「にげだしたハムスター」!!
何で突然、こんなタイトルの絵?? ってカンジなんだケド、ホント・・・なぜなんでしょぉ~~?? ????(-"-)????
確かに右手にハムスターの小屋らしきものが描いてあり、左側に1匹だけ脱走したらしいハムがいる。。。
そして、その横にあるモノは。。。
いったい?? ( ̄◇ ̄;)
コレ、なに??」って、かなっぺに聞くと、「クモ」とな。
何で突然、クモが出てくるンじゃぁぁぁ~~?? Σ(~D~ノ)ノ アヘッ!!
ホント、摩訶不思議なテーマの作品でありまする~~(苦笑)

PB040074.jpg


二人が一生懸命作った作品だモンね~~。
ソレを感じるコトができ、見る機会を与えていただけたコトがヤッパリ、なっぽはとてもウレシカッタですね~ (*^^*)


さてさて、午後から土曜の隔週恒例太極拳のレッスンがあったモンで、大慌てで支度をして、お出かけしてきましたっ♪

ンで、レッスンのあとに、またまた映画鑑賞してきちゃいましたよ~~ ヽ(≧▽≦)ノ
観てきたのは、↑の「ALWAYS 続・三丁目の夕日」デス!
昨日から公開がスタートされたばかりのホヤホヤ作品で、早速、観てきちゃいましたっ♪
モチロン、前作の「ALWAYS」も観ていたし、原作コミックのファンでもありまする~ σ(^-^)
そんなワケで、続編の公開、とても楽しみにしていたンです!
運よく、太極拳のレッスンと上映時間のタイミングがよかったモンで、早々に鑑賞するコトができちゃった \(^▽^)/

カンタンにストーリーをご紹介しますと。。。
昭和34年春。
東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度成長時代に足を踏み入れることになるこの年。
黙って去っていったヒロミ(小雪)を思い続けながら、淳之介(須賀健太)と暮らしていた茶川(吉岡秀隆)のもとに、川渕(小日向文世)が再び淳之介を連れ戻しにやって来る。
人並みの暮らしをさせることを条件に淳之介を預かった茶川は、安定した生活をするために、またヒロミに一人前の自分を見せるために、一度はあきらめていた“芥川賞受賞”の夢に向かって再び純文学の執筆を始める。
一方、鈴木オートでは、六子(堀北真希)も一人前に仕事をこなせるようになり、順調に取引先が拡大し始める。
そんなある日、鈴木家に新しい家族が加わって・・・。


トニカク、前作と同様、懐かしい、よき昭和の時代がシッカリと再現されていて、ホントにノスタルジー感溢れる作品に仕上がっていましたね~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
アーッという間に時間が過ぎてしまい、上映時間は2時間26分とかなり長いンだケド、そんなコトをぜーんぜん感じさせない作りになっていたと思います。
ほんわかと温かく、そして所々、ホロリと涙を誘う。。。
前作もそうだったケド、今作もまたそんな作品に仕上がっていました (*^^*)

なっぽ的に、一番、グッとキタのは、茶川の書いた作品を川渕が読むシーン。
茶川の純粋な心がよく伝わってきて、そしてお金よりも大切なものがあるコトを、初めて川渕に気付かせるこのシーンは、思わず涙モンでしたねぇ~~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん

今回の作品で、なっぽがとてもステキだと思った人物は、三浦友和サン演じる医者の宅間先生。
一平(小清水一揮)たちからは、誤解されてアクマなーんて言われているケド(笑)、ホントはとても優しくて、温かくてのーんびりした人柄のステキなお医者さまなんです♪
なーんか宅間先生のキャラ、前作のトキから思っていたケド、ものすごーく和みます。
出演シーンがそんなに多いワケじゃないンだけど、三浦サンが出ているシーンは、どれも心がホッとするような気がしました (*^^*)
堀北真希チャンは、ますますかわいくなってましたね~~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
なっぽは、他のどの役を演じている真希チャンより、六子役の真希チャンが一番、かわいらしくで大好きだったりしますぅ~(笑)

ちょっぴり残念だったのは、茶川サンとヒロミさんが一緒のシーンが今回は少なかったコトかなぁ~? ( ̄~ ̄;)ウーン
だけど、全体的に大満足の作品でしたね~ ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _うんうん
劇場内は、サスガに初日だけあって、超満員状態でしたし、アチコチからドッと笑い声が上がったり、それぞれにみんな、かなり楽しんでいた様子だったしねぇ~。。。 ←なっぽも σ(^-^)
ラストもほっこりと温かくなるような終わり方で、ホッとします♪
エンディングに流れるBUMP OF CHICKENの唄う主題歌の「花の名」も、映画にピッタリの楽曲です。
元々、BUMPはかなり好きだったなっぽなので、うれしかったし、トニカク歌詞が映画にピッタリで、シンクロするようなカンジがして、とてもステキでした ヽ(≧▽≦)ノ

前作・今作ともに、それぞれに甲乙つけがたいステキな作品に仕上がっていると思います。
ぜひぜひ劇場に足を運び、きれいなキレイな三丁目の夕日を見てきてもらいたいと思います~ (*^^*)
まだまだ公開がスタートしたばかりのこの作品。
しばらくは、満員御礼状態が続くンじゃないかな??
















スポンサーサイト

テーマ:ALWAYS 続 三丁目の夕日 - ジャンル:映画

00 : 39 : 47 | ◎ ごちゃまぜ未分類 ◎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<崎谷健次郎 LIVE ”Expression.Vol2” | ホーム | 健康診断>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://naho0901.blog14.fc2.com/tb.php/652-d288660d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |